ファッション

伊勢丹新宿本店の夏セール初日は衣料品がけん引 婦人、紳士服が前年比1.5倍

 百貨店主要5社の2022年6月度業績は、1〜2割の増収だった。コロナ禍以前の19年同月との比較では1〜2割減。ラグジュアリーブランドや宝飾品など高額品は引き続き好調で、気温の上昇により夏物衣料品も伸長した。

 前年同月と比較した各社の売上高は、三越伊勢丹が15.6%増(19年同月比6.5%減)、高島屋が13.5%増(同5.3%減)、そごう・西武が7.2%増(同15.4%減)、大丸松坂屋百貨店が20.2%増(同13.3%減)、阪急阪神百貨店が20.2%増(2.6%減)。

 三越伊勢丹は両本店(伊勢丹新宿本店と三越日本橋本店)が19年同月実績を上回った。阪急阪神百貨店の阪急うめだ本店も19年同月比2%増。100万円以上の高額品の売上高が大きく伸長したほか、「夏のスタイリングを意識したアクセサリーやバッグなどのニーズが高い」(同社広報)。大丸松坂屋百貨店はラグジュアリーブランドと宝飾カテゴリーで19年実績を上回った。

 各社は7月1日から夏のクリアランスセールを一斉スタートした。伊勢丹新宿本店のセール初日売り上げは前年比約30%増(19年比では34%減)。そのうち正価販売も27%伸びた。特に衣料品は通勤や外出、旅行などを意識した買い替え需要が見られ、婦人、紳士共に1.5倍とけん引。「セール以外の先行品、限定品目的の購買も目立った」(同社)。高島屋もセール初動3日間(7月1〜3日)の売上高が前年から大きく伸びた。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

テーラード一強に変化 2023年春夏のメンズトレンドを徹底分析

「WWDJAPAN」8月8・15日合併号は、2023年春夏メンズ・コレクション第2弾として、パリやミラノなどのコレクション取材から見出したトレンドを一挙紹介します。今シーズンはメンズの一大トレンドだったテーラードの勢いが分散され、変化の兆しが見えました。

詳細/購入はこちら