ファッション

「アディダス」からNYを舞台にしたテニスコレクションが登場 アンゲリク・ケルバーらが着用予定

 「アディダス(ADIDAS)」は8月7日、ニューヨークの街並みとテニス文化にインスピレーションを受けたテニスコレクション“ニューヨークコレクション(NY COLLECTION)”を公式オンラインショップ、ウィンザーラケットショップと“アディダス テニス”取り扱い店舗で発売する。

 同コレクションはアディダスブルックリン・クリエイターファームが、8月26日にニューヨークで開催されるテニストーナメントに向けてデザインした。アンゲリク・ケルバー(Angelique Kerber)、ガルビネ・ムグルサ(Garbine Muguruza)、キャロライン・ウォズニアッキ(Caroline Wozniacki)、ステファノス・チチパス(Stefanos Tsitsipas)、アレクサンダー・ズべレフ(Alexander Zverev)といったワールドクラスのテニスプレーヤーたちが着用する予定だ。

 メンズ・コレクションでは、デジタルデータの乱れのようなグリッチスタイルのプリントを施したTシャツ(5490円)や蛍光グリーンカラーのポロシャツ(5990円)、ウエストバンドとドローコードが付いたボトムス(4990円)をそろえる。

 ウィメンズ・コレクションでは、メッシュ生地を重ねたレイヤードスタイルのタンクトップ(4990円)や背中にメッシュを施したTシャツ(4990円)、メンズアイテム同様のグリッチプリントのプリーツスカート(4990円)、バックサイドにメッシュを施したパンツ(4990円)をそろえる。

 なお、上記のアパレルアイテムには通気性と透湿性に優れた“CLIMAテクノロジー”を使用。環境に配慮した取り組みとしてリサイクルポリエステルを使用した。

 フットウエア(1万6000円)には、テニスコート特有の環境下で高いパフォーマンスを発揮できるようテニスシューズ用のアウトソール“マルチコートアウトソール”を搭載し、ブーストのクッショニングと軽量素材で安定性と耐久性を実現した。

 加えて、ヘッドバンド(1690円)やリストバンド(990円〜)などのアクセサリーも販売する。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

“衣食住働遊”を掲げ、5年で売上2.5倍! 躍進するスノーピークの秘密

5月23日発売の「WWDJAPAN」は、スノーピーク特集です。アウトドアメーカーとして知られる同社は、今最も勢いのある企業のひとつ。コロナによる自然回帰の流れもあり、2021年12期の売上高は過去最高の257億円を達成し、ここ5年で2.5倍に成長しています。キャンプ道具だけでなく、アパレルや住まい、温浴施設、オフィス開発など、“衣食住働遊(どう・ゆう)”を掲げた多様な事業でアウトドアの価値を発信し…

詳細/購入はこちら