ファッション

「アディダス」 × 「ステラ マッカートニー」がテニスコレクションを発売 初のメンズラインが登場

 「アディダス(ADIDAS)」は6月24日、「ステラ マッカートニー(STELLA McCARTNEY)」とのテニスコレクション“アディダス バイ ステラ マッカートニー テニス コレクション(ADIDAS BY STELLA McCARTNEY TENNIS COLLECTION)”を公式ECで発売した。店舗では7月1日から順次販売する。

 日本ではTシャツ(4990円)やワンピース(1万1000円)など全12モデルを用意し、今回初のメンズラインを展開している。アイテムは24日から7月14日まで開催されるテニスのウィンブルドン選手権のドレスコードであるオールホワイトに合わせ、カモフラージュ柄のレーザーカットや赤のカラーアクセントを施した。

 また環境への負荷を考慮し、染色の際に使用する水の排出量を減らす“ドープダイ・テクノロジー”を採用し、さらに素材には使用済み衣類やペットボトルを再加工したリサイクルポリエステルを使用した。機能面にもこだわり、軽量で通気性に優れているほか、メンズコレクションではフィット感を高めるための“フリーリフト構造”によりテニスコート上でのダイナミックな動きを可能にした。

 イメージビジュアルでは昨年同大会の女子シングルスで優勝したアンゲリク・ケルバー(Angelique Kerber)選手をはじめ、アレクサンダー・ズベレフ(Alexander Zverev)選手、ガルビネ・ムグルサ(Garbine Muguruza Blanco)選手がモデルを務めている。

 なお「アディダス オリジナルス(ADIDAS ORIGINALS)」は昨年ロンドン発スケートブランド「パレス スケートボード(PALACE SKATEBOARDS)」とコラボレーションし、ウィンブルドン選手権に合わせてテニスウエアコレクション発表した。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

「職種別DXのトリセツ」でDXを自分ごと化せよ!

WWDJAPAN」1月23日号は、毎年恒例のテック特集です。今年のテーマは“職種別DXのトリセツ“。DX(デジタル・トランスフォーメーション)と聞くと、システムやデータに携わる人が進めるもの、とイメージするかもしれませんが、一人一人が自分ごと化し、日々の業務を見直すことが、DXの本質です。

詳細/購入はこちら

CONNECT WITH US モーニングダイジェスト
最新の業界ニュースを毎朝解説

前日のダイジェスト、読むべき業界ニュースを記者が選定し、解説を添えて毎朝お届けします(月曜〜金曜の平日配信、祝日・年末年始を除く)。 記事のアクセスランキングや週刊誌「WWDJAPAN Weekly」最新号も確認できます。

@icloud.com/@me.com/@mac.com 以外のアドレスでご登録ください。

メールをお送りしました。ご確認いただき登録をすすめてください。