ファッション

「アディダス」の“アルファエッジ 4D”から海洋保護団体とのコラボアイテムが登場

 アディダス ジャパンは6月8日、最新ランニングシューズ“アルファエッジ 4D(ALPHAEDGE 4D)”から、プラスチック廃棄物をアップサイクルしたアッパーを採用した新作“アルファエッジ 4D × パーレイ”(3万8000円)発売する。公式オンラインストアをはじめ、アトモス(ATOMOS)やアンディフィーテッド(UNDEFEATED)、エービーシー・マート(ABC-MART)などで取り扱う。

 “アルファエッジ 4D × パーレイ”は、海洋保護団体パーレイ フォー ジ オーシャンズ(PARLEY FOR THE OCEANS)との取り組みで、海をプラスチック汚染から守ることを目的とし、ビーチや沿岸で収集したプラスチック廃棄物をアップサイクル(価値の高いものに作り替えること)して作られた“パーレイ オーシャン プラスチック”素材をアッパーに使用した。

 “アルファエッジ 4D”は、昨年アディダスが発表した3Dプリンター技術によって設計されたミッドソール“アディダス 4D(ADIDAS 4D)”を搭載したシリーズで、綿密なグリッドが反発性と安定感を持つ。アウトソールには耐久性の強いコンチネンタルラバーを採用し、アッパーは軽量なフォージンファイバーを用いてつなぎ目のないソックスのようなフィット感に仕上げた。

 発売に先駆け、5月30日にはアトモス千駄ヶ谷店で“アルファエッジ 4D”をテーマにしたトークセッションも行う。一般参加は5月24日からアトモス公式サイトで抽選で決定する。

最新号紹介

WWD JAPAN

CEO特集2021 ファッション&ビューティ47社に聞く「2040年のビジョン」

1月25日号は「CEO特集2021」を大ボリュームの108ページでお届けします。毎年恒例の特集ですが、今回はファッション企業19社、ビューティ企業28社の経営トップが登場し、「2040年のビジョン」を語ります。リーダーたちは目の前のコロナ危機に対応しつつ、その先にある長期的な企業像をどう描くのか。ビジネス戦略はもちろん、日本を代表する有力企業のカルチャーや経営トップのキャラクターが垣間見ることがで…

詳細/購入はこちら