ニュース

三陽商会、上期予想を営業赤字に下方修正 繰越在庫の値引き響く

 三陽商会は8日、2019年1〜6月期の業績予想を下方修正した。修正後は売上高が300億円(修正前は309億円)、営業損益が5億円の赤字(同5000万円の黒字)、純損益が2億円の赤字(同1億円の黒字)。通期(20年2月期、決算期変更に伴う変則決算)の予想は据え置き、4期ぶりの営業黒字を目指す。

 売上高は前年同期の実績をクリアした。EC売上高が計画を大きく上回ったものの、主要販路である百貨店で振るわなかった。主に冬物の繰越在庫の消化を促進したため、値引き販売が増加し、粗利益率の低下を招いた。