ニュース

「ドリス ヴァン ノッテン」が2020年春夏メンズで蜷川実花 × YOSHIROTTENの作品を使用 日本人アーティスト初

 「ドリス ヴァン ノッテン(DRIES VAN NOTEN、以下ドリス)」は、パリで発表した2020年春夏メンズ・コレクションで、写真家の蜷川実花とグラフィックアーティストのYOSHIROTTENが制作した作品をファブリックデザインに用いた。同ブランドがコレクションで日本のアーティストとコラボレーションしたのは今回が初めて。

 今回使用された作品は2人が17年に発表したアートジン「NEW NOIR 2」のもので、その中からデザイナーのドリス・ヴァン・ノッテンが花火や花、都市風景などのグラフィック作品数点をピックアップした。コラボレーション商品には“DRIES VAN NOTEN MIKA NINAGAWA ‘NEW NOIR 2’ ARTWORK BY YOSHIROTTEN”と印字されたタグがつく。

 蜷川は「ドリス」が09年に東京・南青山に旗艦店をオープンした際に作品を制作し、それ以降も親交がある。今年3月には同店の10周年を記念し原美術館で開催した展示会にも同作品を展示した。