ファッション

ニューヨーカーに学ぶ王道フェスファッション 「ガバナーズ・ボール 2019」

 米ニューヨーク郊外のランダルズ島を舞台とし、2011年に都市型フェスとしてスタートした音楽フェス「ガバナーズ・ボール・ミュージック・フェスティバル(Governors Ball music festival )」が5月31日〜6月2日に開催された。今年はラッパーのタイラー・ザ・クリエイター(Tyler, the Creator)、米のロックバンド、ザ・ストロークス(The Strokes)、ロックとソウルを軸に多様な音楽をミックスする英のバンド、フローレンス・アンド・ザ・マシーン(FLORENCE AND THE MACHINE)がヘッドライナーを務めたほか、米ロサンゼルスを拠点とし、「サマーソニック2019(SUMMER SONIC 2019)」への出演も決まっているヒップホップグループ、ブロックハンプトン(BROCKHAMPTON)や、弱冠21歳の英国人シンガー・ソングライター、ジョルジャ・スミス(Jorja Smith)ら多数のアーティストがパフォーマンスを披露した。

 会場には、顔まわりをストーンで彩ったグリッターメイクやシースルーのアイテムが目立ち、「コーチェラ・ヴァレー・ミュージック・アンド・アーツ・フェスティバル2019(Coachella Valley Music and Arts Festival以下、コーチェラ)」でキャッチしたトレンドが継続。ほかに、タイダイ(絞り染め)アイテムやレインボーカラーの支持が強く、都市型ながらフェスの原点であるヒッピーカルチャーに立ち返った王道スタイルも見られた。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

2024-25年秋冬のトレンド総まとめ 鍵は「退屈じゃない日常着」

4月15日発売の「WWDJAPAN」は、毎シーズン恒例のトレンドブックです。パリ、ミラノ、ロンドン、ニューヨーク、そして東京の5都市で発表された100以上のブランドから、アイテムや素材、色、パターン、ディテール、バッグ&シューズのトレンドを分析しました。豊富なルック写真と共にお届けします。

詳細/購入はこちら

CONNECT WITH US モーニングダイジェスト
最新の業界ニュースを毎朝解説

前日のダイジェスト、読むべき業界ニュースを記者が選定し、解説を添えて毎朝お届けします(月曜〜金曜の平日配信、祝日・年末年始を除く)。 記事のアクセスランキングや週刊誌「WWDJAPAN Weekly」最新号も確認できます。

@icloud.com/@me.com/@mac.com 以外のアドレスでご登録ください。 ご登録いただくと弊社のプライバシーポリシーに同意したことになります。

メルマガ会員の登録が完了しました。