ファッション

ニューヨーカーに学ぶ王道フェスファッション 「ガバナーズ・ボール 2019」

 米ニューヨーク郊外のランダルズ島を舞台とし、2011年に都市型フェスとしてスタートした音楽フェス「ガバナーズ・ボール・ミュージック・フェスティバル(Governors Ball music festival )」が5月31日〜6月2日に開催された。今年はラッパーのタイラー・ザ・クリエイター(Tyler, the Creator)、米のロックバンド、ザ・ストロークス(The Strokes)、ロックとソウルを軸に多様な音楽をミックスする英のバンド、フローレンス・アンド・ザ・マシーン(FLORENCE AND THE MACHINE)がヘッドライナーを務めたほか、米ロサンゼルスを拠点とし、「サマーソニック2019(SUMMER SONIC 2019)」への出演も決まっているヒップホップグループ、ブロックハンプトン(BROCKHAMPTON)や、弱冠21歳の英国人シンガー・ソングライター、ジョルジャ・スミス(Jorja Smith)ら多数のアーティストがパフォーマンスを披露した。

 会場には、顔まわりをストーンで彩ったグリッターメイクやシースルーのアイテムが目立ち、「コーチェラ・ヴァレー・ミュージック・アンド・アーツ・フェスティバル2019(Coachella Valley Music and Arts Festival以下、コーチェラ)」でキャッチしたトレンドが継続。ほかに、タイダイ(絞り染め)アイテムやレインボーカラーの支持が強く、都市型ながらフェスの原点であるヒッピーカルチャーに立ち返った王道スタイルも見られた。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

2022年春夏速報第二弾は、注目の3大ムードを解説 日本から唯一現地入りしたビームスのリポートも

今週号は、日本からパリコレ入りしたおそらく唯一のショップ関係者であるビームスの戸田慎グローバル戦略部長によるパリコレダイアリーからスタート。来年本格始動する海外ビジネスのために渡航した戸田部長が目にしたパリコレ、展示会、パリの街並みをお伝えしつつ、そこから感じたこと、業界人がみんなで再考・共有すべきファッションへの想いを存分に語ってもらました。トラノイやプルミエール・クラスなどの現地展示会の雰囲気…

詳細/購入はこちら