ファッション

イタリアンニットの匠に聞く「私たちの国にファミリーブランドが多いワケ」

 結束の強い仲間と作るコミュニティーの価値が存在感を増している。そこで再び脚光を浴びそうなのが、数年前までは「時代遅れ」とさえ思われていたイタリアのファミリービジネスだ。「エトロ(ETRO)」や「キートン(KITON)」に代表されるファミリーブランドには近年、創業者の3代目あるいは4代目にあたる若者が参画。彼らが若々しい感性を持ち込み、その父や祖父にあたるベテランの経営陣がブランドのコアバリュー、地元の職人や長年の顧客との関係性を守る。結果、伝統と革新という2面性を兼ね備えるようになった。

「ファビアナ・フィリッピ」2019年春夏コレクション

 「ファビアナフィリッピ(FABIANA FILIPPI)」も、そんなブランドの1つだ。兄のジャコモ(Jacomo)とブランドを立ち上げたマリオ・フィリッピ(Mario Filippi)創業者兼最高経営責任者は、今のブランドビジネスをどう感じているのか?2年前に日本のパートナーを切り替えた理由も尋ねた。

アオイが「ファビアナ・フィリッピ」の取り扱いスタート

WWD:パートナーをウールン商会からアオイに切り替えた日本のビジネスは順調?

マリオ・フィリッピ創業者兼最高経営責任者(以下、マリオ創業者):日本での売り上げは、前年に比べ1割ほどアップした。それでも素直に言えば、まだ厳しくもある。9200万ユーロ(約138億円)という世界の売り上げから考えれば、まだまだだろう。けれど日本の消費者は品質への理解が高く、可能性を感じている。問題は、現代の消費者が私たちを知らないこと。それぞれの消費者に、それぞれの商品に対する思いや背景を伝える環境を用意したい。大変な仕事だが、信念を伝えなければ生き残れない。

WWD:改めてなぜ、日本のパートナーを変更した?

マリオ創業者:私たちの価値、正しい姿をもっと正確に伝えるためだ。「ファビアナフィリッピ」とは、家族。家族同様、長く協業できるパートナーが望ましい。パートナー選びは、相手の情熱を探ることだ。私たちが望むのはビジネスだが、両社の関係性はビジネスを超越するものであるべき。その関係性は、ブランドや店舗に影響する。

WWD:具体的には?

マリオ創業者:まず「ファビアナフィリッピ」のビジネスは、ニッチだと理解してほしい。できれば、お客様への手紙は手書き。店頭では彼女たちの声に耳を傾け、なるべく長く接客してほしい。そんな哲学を理解し、届けてくれるパートナーとしてアオイを選んだ。スタイルのブランドだから、来年の商品は今年のそれと大きく変わらない。好き・嫌いもある。それを理解し国は違えど、同じ安心感を提供してくれるパートナーを選んだ。

WWD:そんな心と心で通じ合うパートナーは、どう選ぶ?

マリオ創業者:人を見極めるのは、一番難しい。パートナーから従業員まで、人選には決断を伴う。「目」を見るしかない。とても感覚的だが、イタリアのファミリービジネスは長年、そうやって決断を重ねてきた。

WWD:そもそもイタリアには、どうしてファミリーブランドが多い?

マリオ創業者:イタリアは長年貧しく、第二次世界大戦が終わるまで、ほとんど皆農民だった。その後「何か違うことを」と思い立った人々が、例えば織物、例えばニット、そして例えばスーツを作り始めたんだ。そこで重要になったのは、「ボッテガ(Bottega)」。「工房」という、ビジネスの基本単位だ。イタリアのファッションは、「ボッテガ」が大きくしたんだ。家族同様にごくごく小さな構成単位で質の向上を目指し、皆が昼夜を問わず集まり、話し合い、手を動かした。結果、「ボッテガ」は家族になったんだ。

最新号紹介

WWD JAPAN

デジタルコマース特集2020 コロナで変わったもの/残すべきもの

「WWDジャパン」10月26日号は、デジタルコマース特集です。コロナ禍でデジタルシフトが加速し、多くの企業やブランドがさまざまなデジタル施策に注力していますが、帰るべきものと残すべきものの選別など、課題が多いのが現状です。今年はそんな各社の課題解決の糸口を探りました。巻頭では、デジタルストアをオープンしたことで話題の「シロ(SHIRO)」の福永敬弘=専務取締役やメディアECの先駆け的存在「北欧、暮…

詳細/購入はこちら