ファッション

伊「ファビアナ フィリッピ」に新CEO、ロゴは流行りのサンセリフ体に変更

 ミラノブランドの「ファビアナ フィリッピ(FABIANA FILIPPI)」はこのほど、アルド・ゴッティ(Aldo Gotti)を新たなCEOに任命した。これまでCEOは、兄のジャコモ・フィリッピ(Giacomo Filippi)と共にブランドを創業して共にオーナーを務めているマリオ・フィリッピ(Mario Filippi)が担っていた。

 アルド新CEOはこれまで、プラダ(PRADA)やステラ マッカートニー(STELLA McCARTNEY)で要職を歴任し、直近はオムニチャネルのファッションEC「モード(MODES)」に携わっている。

 またこれに伴い、ブランドは新たなロゴを策定した。新たなロゴはサンセリフ体のFurutaをベースにしており、「たしなみのあるエレガンスを表現」。ブランドは、「進歩した美学を反映する、すっきりとミニマルでエッセンシャルなロゴは、ウンブリアの風景から生まれた」としている。同様のサンセリフ体は、「セリーヌ(CELINE)」や「バーバリー(BURBERRY)」以降、多くのブランドが新たなロゴを策定するに際して用いている人気の書体だ。最近も改称した「フェラガモ(FERRAGAMO)」もロゴを同様の書体に変更している。

 さらに朝露をイメージした淡い「グレーグリーン」、土地を耕すと出てくる暖かい粘土色の「ゾッラ」、温かみのある「白」、森の下草の柔らかな闇からインスピレーションを得たマットな「黒」をキーカラーに据えた。

 「ファビアナ フィリッピ」は1985 年、イタリアのウンブリア州で創業。日本ではアオイが卸や小売などを手がけている。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

訪日客100人に直撃「買ったもの教えて下さい」& インバウンド比率9割!も インバウンド人気店舗FILE

「WWDJAPAN」5月20日号は、円安でバブル化している「インバウンド特集」です。銀座、原宿・表参道、心斎橋での訪日客57組106人への突撃インタビューに加え、インバウンドで好調な12の店舗・ブランドを、インバウンド比率や好調アイテム/ブランドとともに紹介した「インバウンドで売れる店FILE」も収録。新しいインバウンド消費の内実を追いました。中国や韓国、米国などのインバウンド消費の上位国からスウ…

詳細/購入はこちら

CONNECT WITH US モーニングダイジェスト
最新の業界ニュースを毎朝解説

前日のダイジェスト、読むべき業界ニュースを記者が選定し、解説を添えて毎朝お届けします(月曜〜金曜の平日配信、祝日・年末年始を除く)。 記事のアクセスランキングや週刊誌「WWDJAPAN Weekly」最新号も確認できます。

@icloud.com/@me.com/@mac.com 以外のアドレスでご登録ください。 ご登録いただくと弊社のプライバシーポリシーに同意したことになります。

メルマガ会員の登録が完了しました。