ファッション

生みの苦しみを乗り越え、シュールで奇想天外な世界を描く「スキャパレリ」 モダンクチュールの世界VOL.1

 1月23日から26日までの4日間、パリで2023年春夏オートクチュール・ファッション・ウイークが開催された。今回の公式スケジュールには、パリ・クチュール組合の正会員である11ブランド、国外メンバーの6ブランド、ゲストメンバーの12ブランド合わせて29組がラインアップ。その中から、現代の富裕層やセレブリティーの期待に応えるモダンクチュールをリポートする。

 オートクチュール・ファッション・ウイークのトップバッターを飾ったのは、今季も「スキャパレリ(SCHIAPARELLI)」。ダニエル・ローズベリー(Daniel Roseberry)=クリエイティブ・ディレクターは、詩人ダンテ・アリギエーリ(Dante Alighieri)による三部作「神曲」の「地獄篇(INFERNO)」から着想した。地獄の奥深くへと進むダンテの姿に重ね合わせたのは、アーティストやクリエイターが制作過程の中で経験する苦悩。しかし、彼は「地獄、煉獄、天国のどれか一つが欠けても成立し得ない。天国に辿り着くことは、まず火の海への旅と、それに伴う恐怖なしにはありえないということを常に思い出すようにしている」と語り、今季もシュールかつ奇想天外なクリエイションで会場を湧かせた。

 特に印象的だったのは、マザー・オブ・パールや24Kゴールド、カラーストーン、ウッドなどを用いたプレート状の胸当てのデザイン。まるで丁寧に作られた調度品や芸術作品をまとっているようだが、実際、服を作ったことのない職人と共に制作したという。また、「神曲」に登場するライオン、ヒョウ、オオカミの頭部があしらわれたドレスやコートは、手彫りしたフォームや樹脂にウールやシルク製の人工ファーを刺しゅうし、ペイントを施したもの。SNSでは「トロフィー・ハンティングを助長する」などと物議を醸したが、本物の剥製と見間違うほどのリアルさは卓越した職人技術の賜物だ。

 そんなインパクト満点のアイテムについ目が行きがちだが、「スキャパレリ」流のリアリティーを映し出すルックもある。その特徴の一つは、メゾンを代表する香水「ショッキング!(SHOCKING!)」の女性のトルソーを模したボトルからヒントを得た、絞られたウエスト。その象徴的なフォームを、メンズウエア由来のタキシードやシルクサテンのキルティングコート、ベルベットのベアトップの背中に、コルセットのようなレースアップディテールを取り入れることで表現した。そのほか、モールド成形したかのような構築的なジャケットやブラウス、ボディーラインに滑らかに沿うスリップドレスや黒のシックなイブニングガウンなど、レッドカーペットの世界だけではないクリエイションの幅の広がりを感じる。

 また、2月末から始まる23-24年秋冬パリ・ファッション・ウイークで、これまでプレゼンテーションやルックブックで披露していたプレタポルテのショーを初めて開催することも発表された。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

“個”が主役の百貨店特集2024【WWDJAPAN BEAUTY付録:2023年度世界のビューティ企業TOP100】

7月22日号の「WWDJAPAN」は百貨店特集。 個人の価値観が多様化し、コロナを経てオンライン消費がますます浸透しました。百貨店という業態の存在意義すら問われる中、それでも人が集まる店の条件とは何か。決め手は、品ぞろえでも立地でもなく、情熱と個性を持った“人”の存在。百貨店が元々持っていた強みに光を当てたり、その枠を超えて新分野を開拓したりと、編集力やアイデアを駆使して売り場を面白くしようとする…

詳細/購入はこちら

CONNECT WITH US モーニングダイジェスト
最新の業界ニュースを毎朝解説

前日のダイジェスト、読むべき業界ニュースを記者が選定し、解説を添えて毎朝お届けします(月曜〜金曜の平日配信、祝日・年末年始を除く)。 記事のアクセスランキングや週刊誌「WWDJAPAN Weekly」最新号も確認できます。

@icloud.com/@me.com/@mac.com 以外のアドレスでご登録ください。 ご登録いただくと弊社のプライバシーポリシーに同意したことになります。

メルマガ会員の登録が完了しました。