フォーカス

グウィネス・パルトロウの「グープ」が六本木に “ヘルスコンシャス”な彼女が掲げる3つの掟

 米女優のグウィネス・パルトロウ(Gwyneth Paltrow)が手掛けるライフスタイルブランド「グープ(GOOP)」は5月26日まで六本木の東京ミッドタウンにあるミッドタウン・ガーデンでポップアップショップ「グープ トウキョウ ポップアップ&カフェ(goop TOKYO pop-up & cafe)」をオープンしている。オリジナルのウエアや化粧品の販売に加え、世界初の「グープ カフェ」も併設し、グルテンフリーやビーガンのメニューを多くそろえている。

 「グープ」はグウィネスが2008年に立ち上げたブログから始まり、食やビューティ、ウエルネスなどライフスタイル全般のコンテンツを発信している。“ヘルスコンシャス”として知られるグウィネスならではのヘルシーなレシピや健康に関する記事が話題を集め、現在ニュースレターの購読者は世界で9000万人いる。16年にオーガニックのスキンケアラインを立ち上げ、現在はオリジナルアパレルブランドである「G.レーベル(G.LABEL)」や「G.スポーツ(G.SPORT)」のほか、ホームウエアやヨガウエアなど幅広い用途のアイテムを取り扱う。18年の売り上げは前年の2倍以上とブランドも大きく成長し、旗艦店はロンドン、ニューヨーク、ロサンゼルス、モンテシートに計4店を構え、ポップアップは過去20カ所以上で行ってきた。

 今回のポップアップで日本初上陸を果たした「グープ」について、来日したグウィネスにインタビューをした。

WWD:「グープ」を立ち上げた理由は?

グウィネス・パルトロウ(以下、グウィネス):08年に「グープ」を立ち上げた頃は、まだインターネットも今ほど発達していなかった。昔から旅行をしたり料理をすることが大好きで、同時にウエルネスにも興味があった。だけどいざネットでヘルシーなレシピやトラベルスポットを探そうとしても、なかなか自分好みのものが見つからなかったことが多かったの。だから気に入ったヘルシーなレシピや旅行先などで出合った料理やレストラン、スポットなどは全てメモしていた。いろいろとメモしていくうちに、この情報を求めている人は多いのでは?と気づき、ブログを始めたの。仕事で世界中を飛び回る中で、実際友人からも「東京に行ったらどこの寿司屋に行くべき?」「スペインでオススメのサロンを教えてほしい」など、毎日のように質問があったからよかったわ。世界中の人と人、アイデアとアイデアをつなげたいという思いで始めたのよ。

WWD:立ち上げからブランドはどのように成長した?

グウィネス:最初の5年は記事やコンテンツをアップするだけだったけど、読者が増えるにつれビジネスになると思って、マネタイズ(収益化)するようになった。ブランドとタイアップしてコンテンツを出したり、オリジナルブランドでウエアや化粧品を発売したり。当初はここまでグローバルに成長するとは思いもしなかったわ。

WWD:ポップアップに東京を選んだ理由は?

グウィネス:東京は世界のスタイルとカルチャーの最先端を走っている。アメリカ国外への進出は今のところロンドンのみで、アジアでも「グープ」が受け入れられるのかどうかを試す場所として東京は最適だと思ったの。すでに多くの方が来場してくださり、とてもうれしいわ。

WWD:世界初のカフェを出店した。

グウィネス:アメリカでは10年以上続いているブランドとして認知度は高いけど、日本ではまだまだ知らない人も多い。食は立ち上げ当時からコンテンツの大きな柱。「グープ」といえば、ヘルシーでありながらおしゃれなメニューを届けているというイメージを持っている人が多い。だからブランドのアイデンティティーの一部になっている食にフォーカスできたら、ブランドをしっかり理解してもらえるし、面白くてアプローチしやすいと思った。昨日カフェに寄ってきたけれど、実際に自分のメニューを東京で食べたのは不思議な感覚だったわ(笑)!

あなたにオススメ