ファッション

タクシー帰宅より安いケースも 東京・京橋にホテル「アナザートウキョー」がオープン

 エネルギー関連事業などを手掛けるリミックスポイントの子会社であるジャービスは、東京・京橋に同社第1号となるホテル「アナザートウキョー(an/other TOKYO)」をオープンした。

 同ホテルは東京駅から徒歩8分の立地にあり、ホテルのほかにレストランやカフェなどを備える。全200室のうち136室のボリュームゾーンは、S、M、Lと3サイズのキャビンタイプだ。水回りやバスルームは共有で、ベッドとデスクのみという必要最小限の空間ながら、パーソナルスペースを大切にした“こもり感”のある客室となっている。

 女性専用フロアのセキュリティーはカードキーで管理し、キャビンタイプでも女性が安心して使えるように配慮している。また、アメニティーが充実していることも女性にとってはうれしいポイント。館全体はグレージュで統一していて、スタイリッシュで落ち着きのあるインテリアも魅力のひとつだ。料金はコンパートメント1泊1万600円~、キャビン1泊3900円~。

 リーズナブルな料金設定で、旅行時の利用はもちろん、飲み会やイベントなどで帰りが遅くなった際に、タクシーで帰宅するより安くすむケースや、ショートトリップの場所としての活用も可能だ。

 また、ホテル内の1階と2階にはカフェ「カフェ アナザー」とレストラン「イート アナザー」を併設。多くの人々に愛されつつも歴史を閉じた虎ノ門の名店「レストラン立山」の元シェフが立ち、オーセンティックな洋食をひとひねりした“懐かしくて新しい味”の料理を提供する。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

“個”が主役の百貨店特集2024【WWDJAPAN BEAUTY付録:2023年度世界のビューティ企業TOP100】

7月22日号の「WWDJAPAN」は百貨店特集。 個人の価値観が多様化し、コロナを経てオンライン消費がますます浸透しました。百貨店という業態の存在意義すら問われる中、それでも人が集まる店の条件とは何か。決め手は、品ぞろえでも立地でもなく、情熱と個性を持った“人”の存在。百貨店が元々持っていた強みに光を当てたり、その枠を超えて新分野を開拓したりと、編集力やアイデアを駆使して売り場を面白くしようとする…

詳細/購入はこちら

CONNECT WITH US モーニングダイジェスト
最新の業界ニュースを毎朝解説

前日のダイジェスト、読むべき業界ニュースを記者が選定し、解説を添えて毎朝お届けします(月曜〜金曜の平日配信、祝日・年末年始を除く)。 記事のアクセスランキングや週刊誌「WWDJAPAN Weekly」最新号も確認できます。

@icloud.com/@me.com/@mac.com 以外のアドレスでご登録ください。 ご登録いただくと弊社のプライバシーポリシーに同意したことになります。

メルマガ会員の登録が完了しました。