ニュース

「アロフト・ホテル」が20年春、日本初上陸 最新テクノロジーを導入

 世界最大のホテル企業の米マリオット・インターナショナル(MARRIOTT INTERNATIONAL)は、日本初上陸となる「アロフト・ホテル(ALOFT HOTELS)」を2020年春に東京・銀座に開業する。サンケイビルが開発を手掛け、運営をマリオットが担う。

 モダンなデザインを基調とする「アロフト東京銀座(ALOFT TOKYO GINZA)」は、4室のスイートを含む全206室の16階建て。客室ではゲストのスマートフォンや“アップル ウォッチ(Apple Watch)”をルームキーとして使える従来のルームキーを必要としないキーレスシステムを採用。その他、ビュッフェレストラン、バー、フィットネスジムなどを備える。銀座駅および東銀座駅双方から徒歩5分以内に位置し、ギンザ シックス(GINZA SIX)や東急プラザなどの商業施設も徒歩圏内と、観光・ビジネス共にポテンシャルの高い立地だ。

 「アロフト・ホテル」は、独創的でモダンなデザインが特徴で、SNSなどを多用するデジタルネイティブの旅行者に向けハイテク重視の宿泊体験を手頃な料金で提供している。マリオットグループのホテルは、料金のランク別にラグジュアリー、プレミアム、セレクトの3つに分かれており、「アロフト・ホテル」は最もリーズナブルなセレクトの料金帯だ。現在、20の国と地域に150軒以上を運営しており、米・シリコンバレーにあるホテルでは、ロボットの客室係が客室に飲み物やタオルを届けるサービスを提供するなど、最先端のテクノロジーを取り入れている。