ファッション

スピンズ運営会社が進化型古着屋「森」を大阪にオープン 新しい古着カルチャーを発信

 古着ショップのスピンズ(SPINNS)、ムモクテキ(MUMOKUTEKI)、ギャレリー(GALLERIE)などを手掛ける京都のアパレル会社ヒューマンフォーラムは今年創業25周年を迎えるにあたって、新業態の古着屋「森」を大阪・中崎町にオープンした。

 さまざまな植物や動物が共存し多様性に溢れた場所である“森”に由来する店名通り、“ユーズドを拡張する”をコンセプトとした約1000平方メートルの広い店内には世界から集められたメンズ、ウィメンズ、キッズの古着、リサイクルやリメーク商品、新品が所狭しとならぶ。同社が今面白いと思うブランド、アーティスト、クリエイターにフォーカスする複数のポップアップイベント用のスペースも設けており、オープニングでは東京・池尻のショップ「オールユアーズ(ALL YOURS)」や、1994年創刊の関西ストリートスタイルを軸としたファッション誌「カジカジ」などのポップアップストアをオープンしている。

 また、カスタマイズやリメークを行うエリア“リサークルスタジオ”にミシン4台を置き、上田安子服飾専門学校との産学連携により、同校の出身者や在校生が作業を担当しているほか、同校が制作したオリジナル作品も販売している。

 同社は「こだわりのユーズドアイテムはもちろん、世界のカルチャーを感じさせるアイテムやスタイリング提案が溢れ、さまざまな角度から“古着”の価値を追求していく進化型古着屋」と位置付けている。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

経営者の皆さん、“脱炭素”を語れますか? 電力と水とファッションビジネス

6月21日号の「WWDJAPAN」は、サステナビリティを切り口に電力と水とファッションビジネスの関係を特集します。ファッションとビューティの仕事に携わる人の大部分はこれまで、水や電気はその存在を気にも留めてこなかったかもしれません。目には見えないからそれも当然。でもどちらも環境問題と密接だから、脱炭素経営を目指す企業にとってこれからは必須の知識です。本特集ではファッション&ビューティビジネスが電力…

詳細/購入はこちら