ファッション

「ユニクロ」 × 「アレキサンダー ワン」第2弾は“エアリズム” 4月12日発売

 「ユニクロ(UNIQLO)」は、「アレキサンダー ワン(ALEXANDER WANG)」とのコラボコレクション“ユニクロ アンド アレキサンダー ワン(UNIQLO and ALEXANDER WANG)”の第2弾を4月12日に発売する。前回は秋冬向け機能性インナー“ヒートテック”をベースにしたが、今回は通年着られる機能性インナー “エアリズム”を採用した。「ユニクロ」各店および公式オンラインストアで扱う。

 ラインアップは、キャミソール(1500円)、ブラ(1990円)、ショーツ(990円)、ロングスリーブTシャツ(1500円)などウィメンズ10型と、ハーフスリーブTシャツ(1500円)、タンクトップ(1500円)、ボクサーブリーフ(990円)などメンズ4型。ウィメンズは、「アレキサンダー ワン」との共同開発による“エアリズム”史上最も薄くて軽い素材と、通常の“エアリズム”にも用いられる「ユニクロ」独自のシームレス素材を採用した。 “エアリズム”の特徴である快適な着心地はもちろん、デコルテを美しく見せるカッティングを用いるなどシルエットにもこだわっている。

 メンズは、表面にコットン、肌面に“エアリズム”を用いた2層構造の新素材を採用。通常の“エアリズム”より厚みがあり、インナーとしてだけでなく単体でも着用できる。メンズ、ウィメンズのいずれのアイテムも、ウエストにコラボコレクションを象徴する小さなコラボロゴをあしらっている。

最新号紹介

WWD JAPAN

注目高まる新50〜60代市場 “主役世代”の消費はこうつかめ!

「WWDJAPAN」5月10日号は、「注目の新50〜60代市場」特集です。日本女性の過半数が50歳以上となった今、50〜60代は消費の“主役”として存在感を増しています。子育て期などを経て、再び人生を“主役”として謳歌する世代でもあります。そんな50〜60代を「WWDJAPAN」は“主役世代”と命名し、このマーケットに刺さるビジネスを取材しました。3人の“主役世代”女性による座談会のほか、シニアに…

詳細/購入はこちら