ファッション

「ユニクロ」と「アレキサンダー ワン」コラボの人気商品はボディースーツ 銀座店で先行販売

 「ユニクロ(UNIQLO)」は、「アレキサンダー ワン(ALEXANDER WANG)」とコラボレーションした“ヒートテック”のコレクションを11月9日に発売するのに先駆けて、プレス関係者やインフルエンサーなどに向けた先行販売会を銀座店で行った。ブラトップやボディースーツなど、通常の“ヒートテック”にはないシャープなイメージの商品が注目を集めた。

 商品はプルオーバーやレギンスの他、ブラトップやショーツ、タンクトップ、ボディースーツなどがある。通常の“ヒートテック”の他、いわゆる“極暖”である“ヒートテック エクストラウォーム(以下、エクストラウォーム)”もあり、“エクストラウォーム”のレギンスやボディースーツはリブが斜めに走るようなデザインが特徴だ。色は黒や白、グレーなどの他、ネオンイエローもある。価格は1990円や2990円が中心。

 同店のスタッフによると、「商品画像が公開された段階でのSNSの反応を見ると、『アレキサンダー ワン』のファン層であるファッション好きにはボディースーツが人気だった。一般の消費者には、レギンスブームを受けてエクストラウォームのリブ模様が入ったレギンスが受けていた」という。その言葉通り、店頭を訪れた雑誌編集者の20代の女性は、ボディースーツの白と黒を購入。「背中が大きく開いたデザインのセーターなどと合わせたい」という。

 20歳の男性は、ネオンイエローのタンクトップを購入した。「タンクトップは普通の“ヒートテック”にはないし、色もお気に入り。インナーとしてでなく、見せるアイテムとして着たい」と話した。

 9日に、世界20カ国で発売する。日本では18店舗とECで全商品をそろえる他、それ以外の全店舗でも一部商品を扱う。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

辻愛沙子と語り合う業界に必要な新しい教養 見た目に伴う先入観や偏見を考えよう

6月14日号の「WWDJAPAN」は、社会派クリエイティブを追求する辻愛沙子アルカ最高経営責任者(CEO)監修のもと、社会課題にまつわる“新しい教養”を対話しながら学びます。コーヒーを片手に社会問題を語り合う、大人に向けた新しい教育の場「ソーシャルコーヒーハウス」を立ち上げた彼女と、ファッション&ビューティ業界だからこそ大切に考えたい、見た目や容姿にまつわる偏見や先入観について対話します。一般的に…

詳細/購入はこちら