ニュース

アダストリアのインナーウエアブランドが初のリアル店舗 有楽町マルイにオープン

 アダストリアが展開するノンワイヤーブラを中心としたインナーウエアブランド「ビジュリィ(BIJORIE)」は3月20日、初のリアル店舗を有楽町マルイの3階にオープンする。店舗面積は約46平方メートル。これまでは自社の「ドットエスティ(.st)」や「ゾゾタウン(ZOZOTOWN)」と主にECで販売し、リアル店舗では「グローバルワーク(GLOBAL WORK)」や「ニコアンド(NIKO AND...)」の一部店舗でコーナー展開してきた。

 「ビジュリィ」は同社が成長戦略で掲げている新規事業開発の一環で、女性の生活を彩るカテゴリーとして2018年3月にデビュー。現代女性のニーズが、ワイヤー入りなど機能に特化した従来の下着から、安心感や快適さを重視する傾向が強くなっていることに着目した。ノンワイヤーブラをはじめ“快適インナー”が下着市場で注目されているが、「シンプルなデザインの商品が多いため、アダストリアの強みであるファッション性の高いデザインを反映した商品を展開し差別化を図っている」(広報担当)と話す。

 有楽町マルイ店の商品構成比はインナーウエア70%、リラックスウエアや雑貨など30%を予定する。中心価格帯はノンワイヤーブラが2900円、ショーツが1900円、リラックスウエアが6000円。同店を機に順次出店を検討する。