ファッション

「ローリーズファーム」が30代以上向け刷新に手応え 確かな品質・トレンドを安心価格で

 アダストリアの「ローリーズファーム(LOWRYS FARM)」が30代以上の女性をターゲットに据えたリブランディングに本腰を入れている。2018-19年秋冬からシンプル・ベーシックな路線への回帰をうたい、長澤まさみと夏帆をCMに起用するなど、モノ作りとPRの両面で方針転換。同ブランドの牧野辰彦営業部長は「20代の客数は少し落ちたが、それを補って余りあるほど30代の客足が伸びている」と手応えを話す。

 同ブランドはここ数年、地方SCへの出店とともに低価格に下振れし、ターゲットもヤング層へシフトしていた。牧野営業部長は「トレンドを意識しすぎたあまりディテールが過剰なアイテムが増えていた。ブランド本来の安心感のあるテイストを取り戻す」と話す。

 最も重視するのは品質と価格のバランスという。「目の肥えた女性にも自信をもって提案できる品質を、『ローリーズファーム』らしい安心感のある価格で実現する」。そのために同じような商品を極力排除し、一点一点のクオリティーを重視。アイテムごとの生産量も絞って、在庫を残さず定価で売り切る戦略で客単価増につなげている。セール品を残さないことで、鮮度の高い売り場ができはじめた。

 2019年春夏からは「すべての女の子」から30代以上の「大人の女性」へターゲットの明確な変更をうたい、商品ラインアップも見直した。米国産コットンを使ったTシャツやデニムなど素材にこだわったベーシックアイテムを増やすほか、トルコのオーガニックコットンを使用したシリーズを追加し、エシカルな価値にもフォーカスする。一点一点はトラッドでシンプルだが、リネンやアースカラーなどトレンドを加味。小花柄のスカート×デニムジャケットでほどよくフェミニンな要素を取り入れたり、ストライプのワンピースにトレンチコートを羽織ることで芯の強さを表現したりと、トータルコーディネートでさりげないおしゃれを演出する。

最新号紹介

WWD JAPAN

2020年秋冬に売れたものは何だった? 特選、婦人服、化粧品の商況を取材/付録「WWDビューティ」2月号

「WWDジャパン」2月22日号は、「2020年秋冬に売れたものは何だった?」というテーマで特集を組んでいます。特選(ラグジュアリーブランド)、婦人服、化粧品という注目3市場について、20年8~12月の商況を有力百貨店やファッションビル、ショッピングセンターにそれぞれ聞きました。そこから見えてきたのは、“イエナカ”“高額品”“信頼の定番”“ワクワク”“コラボ”という5つの消費キーワード。ウィズ・コロ…

詳細/購入はこちら