ファッション

ビジョナリーHDがラグビーW杯のサングラス発売 レンズが国旗柄に

 ビジョナリーホールディングスの中核会社であるメガネスーパーは、9月20日に開幕する「ラグビーワールドカップ2019」の日本開催にあたり“ラグビーワールドカップ2019モデル オリジナルサングラス”(全6種)をメガネスーパー、メガネハウス、シミズメガネ、メガネのタカハシのグループ各店舗で発売した。価格は4980円。

 商品は2型3色で、“ベーシックデザイン”とテンプルの形に遊び心を加えた“スポーツデザイン”があり、どちらのテンプルにも大会ロゴマークがデザインされている。特徴は、日本をはじめ参加20カ国の国旗や大会ロゴマーク、公式キャラクター「レンジー」をデザインしたシールをレンズに貼れることで、国旗のシールは2カ国を選ぶことができる。同社は「試合観戦を盛り上げる商品にしたい」としている。

 ちなみに、星﨑尚彦ビジョナリーホールディングス社長は成蹊中学時代、ラグビー部に所属していた。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

業界に贈るZ世代の声 ファッション系サークル所属の 大学生がサステナブルを語る

「WWDJAPAN」9月20日号は、ファッション系のサークルに所属する大学生とタッグを組んで、Z世代のファッションやサステナビリティに関する意識に迫りました。青山学院大学、慶應義塾大学、上智大学、早稲田大学から生まれた団体の活動内容や業界への思い、お気に入りのアイテムなどを紹介します。ファッションが好きだからこそ洋服の大量廃棄問題や環境への負荷について、学生目線で「できることはないか」と考える学生…

詳細/購入はこちら