ファッション

ビジョナリーHDがラグビーW杯のサングラス発売 レンズが国旗柄に

 ビジョナリーホールディングスの中核会社であるメガネスーパーは、9月20日に開幕する「ラグビーワールドカップ2019」の日本開催にあたり“ラグビーワールドカップ2019モデル オリジナルサングラス”(全6種)をメガネスーパー、メガネハウス、シミズメガネ、メガネのタカハシのグループ各店舗で発売した。価格は4980円。

 商品は2型3色で、“ベーシックデザイン”とテンプルの形に遊び心を加えた“スポーツデザイン”があり、どちらのテンプルにも大会ロゴマークがデザインされている。特徴は、日本をはじめ参加20カ国の国旗や大会ロゴマーク、公式キャラクター「レンジー」をデザインしたシールをレンズに貼れることで、国旗のシールは2カ国を選ぶことができる。同社は「試合観戦を盛り上げる商品にしたい」としている。

 ちなみに、星﨑尚彦ビジョナリーホールディングス社長は成蹊中学時代、ラグビー部に所属していた。

最新号紹介

CONNECT WITH US モーニングダイジェスト
最新の業界ニュースを毎朝解説

前日のダイジェスト、読むべき業界ニュースを記者が選定し、解説を添えて毎朝お届けします(月曜〜金曜の平日配信、祝日・年末年始を除く)。 記事のアクセスランキングや週刊誌「WWDJAPAN Weekly」最新号も確認できます。

@icloud.com/@me.com/@mac.com 以外のアドレスでご登録ください。

メールをお送りしました。ご確認いただき登録をすすめてください。