ファッション

ビジョナリーHDがラグビーW杯のサングラス発売 レンズが国旗柄に

 ビジョナリーホールディングスの中核会社であるメガネスーパーは、9月20日に開幕する「ラグビーワールドカップ2019」の日本開催にあたり“ラグビーワールドカップ2019モデル オリジナルサングラス”(全6種)をメガネスーパー、メガネハウス、シミズメガネ、メガネのタカハシのグループ各店舗で発売した。価格は4980円。

 商品は2型3色で、“ベーシックデザイン”とテンプルの形に遊び心を加えた“スポーツデザイン”があり、どちらのテンプルにも大会ロゴマークがデザインされている。特徴は、日本をはじめ参加20カ国の国旗や大会ロゴマーク、公式キャラクター「レンジー」をデザインしたシールをレンズに貼れることで、国旗のシールは2カ国を選ぶことができる。同社は「試合観戦を盛り上げる商品にしたい」としている。

 ちなみに、星﨑尚彦ビジョナリーホールディングス社長は成蹊中学時代、ラグビー部に所属していた。

最新号紹介

WWD JAPAN

バーチャル空間に商機あり ファッションビジネスの可能性を探る

1月18日号は「バーチャル空間」特集です。世界最大級のストリートの祭典「コンプレックスコン」のデジタル版「コンプレックスランド」と世界最大級のバーチャルイベント「バーチャルマーケット5」を徹底取材。出展者や参加者が “体験”したことで分かった可能性や課題をまとめました。大型連載、サステナブル特集はステップ5として「認証」がテーマ。国際的な認証機関のお墨付きを得ることの重要性を説きます。ミニ特集では…

詳細/購入はこちら