ファッション

ビジョナリーHDがラグビーW杯のサングラス発売 レンズが国旗柄に

 ビジョナリーホールディングスの中核会社であるメガネスーパーは、9月20日に開幕する「ラグビーワールドカップ2019」の日本開催にあたり“ラグビーワールドカップ2019モデル オリジナルサングラス”(全6種)をメガネスーパー、メガネハウス、シミズメガネ、メガネのタカハシのグループ各店舗で発売した。価格は4980円。

 商品は2型3色で、“ベーシックデザイン”とテンプルの形に遊び心を加えた“スポーツデザイン”があり、どちらのテンプルにも大会ロゴマークがデザインされている。特徴は、日本をはじめ参加20カ国の国旗や大会ロゴマーク、公式キャラクター「レンジー」をデザインしたシールをレンズに貼れることで、国旗のシールは2カ国を選ぶことができる。同社は「試合観戦を盛り上げる商品にしたい」としている。

 ちなみに、星﨑尚彦ビジョナリーホールディングス社長は成蹊中学時代、ラグビー部に所属していた。

最新号紹介

WWD JAPAN

デジタルコマース特集2020 コロナで変わったもの/残すべきもの

「WWDジャパン」10月26日号は、デジタルコマース特集です。コロナ禍でデジタルシフトが加速し、多くの企業やブランドがさまざまなデジタル施策に注力していますが、帰るべきものと残すべきものの選別など、課題が多いのが現状です。今年はそんな各社の課題解決の糸口を探りました。巻頭では、デジタルストアをオープンしたことで話題の「シロ(SHIRO)」の福永敬弘=専務取締役やメディアECの先駆け的存在「北欧、暮…

詳細/購入はこちら