ファッション

「マルニ」出身のカロリーナ・カスティリオーニによる「プランC」が東京・青山に旗艦店

 カロリーナ・カスティリオーニ(Carolina Castiglioni)によるイタリア発の新ウィメンズブランド「プラン C(PLAN C)」は2月22日、東京・青山に日本旗艦店をオープンした。場所は、青山・みゆき通りのフロムファーストビルの1階で、「フラボア(FRAPBOIS)」青山店の跡地。2月にオープンした大阪の阪急うめだ本店、福岡の岩田屋、東京の三越銀座店に3店舗に次ぐ国内4店舗目で、世界初の路面旗艦店だ。

 カロリーナが監修する面積100平方メートルの店舗は、1950〜60年代のアンティーク家具を配置し、ブランドのミラノオフィスの雰囲気を取り入れている。またフィレンツェを拠点にするアーティストのドゥッチョ・マリア・ガンビ(Duccio Maria Gambi)によるアート作品や什器を並べ、壁やインテリアに取り入れたブランドのキーカラーであるグリーン、グレー、イエロー、ホワイトの色使いがポイントになっている。

 店頭では2019年春夏のデビューコレクションを始め、カロリーナの義妹であるシンシア・ヴィルチェス・カスティリオーニ(Cynthia Vilchez Castiglioni)が手掛けるジュエリーブランド「アリータ(ALIITA)」を販売。当店限定アイテムとして、カロリーナがセレクトしたアンティークの器や花瓶などの雑貨なども取り扱う。

 カロリーナは「マルニ(MARNI)」創業デザイナーのコンスエロ・カスティリオーニ(Consuelo Castiglioni)の長女。「マルニ」に在籍していた時には店舗のアクセサリーバイヤーや「マルニ・ビジュアル・ストア」の開発担当、スペシャル・プロジェクト・ディレクターとして「マルニ・フラワー・カフェ」などを仕掛けた。16年10月に同社を退社後、「プランC」を19年春夏を立ち上げる。デビューシーズンでは国内外で100社以上の卸先が決まり、日本市場はその3分の1を占める。今春オープンした日本国内の4店舗出店のほか、今秋冬に2店舗を出店予定。店舗運営は日本のディストリビューターを務めるパラグラフが担当する。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

2022年春夏速報第二弾は、注目の3大ムードを解説 日本から唯一現地入りしたビームスのリポートも

今週号は、日本からパリコレ入りしたおそらく唯一のショップ関係者であるビームスの戸田慎グローバル戦略部長によるパリコレダイアリーからスタート。来年本格始動する海外ビジネスのために渡航した戸田部長が目にしたパリコレ、展示会、パリの街並みをお伝えしつつ、そこから感じたこと、業界人がみんなで再考・共有すべきファッションへの想いを存分に語ってもらました。トラノイやプルミエール・クラスなどの現地展示会の雰囲気…

詳細/購入はこちら