ファッション

元「マルニ」コンスエロの義娘による「アリータ」 国内初店舗

 ジュエリーブランド「アリータ(ALIITA)」は、国内初のショップを阪急うめだ本店3階のD.エディット内に2月15日オープンする。ファーストコレクションの「ピュア ホーム(PURE HOME)」、ベネズエラのグアヒロ族や建築家のジオ・ポンティをテーマにした「クロマティック インディケーター(CHROMATIC INDICATOR)」、ベネズエラのロマイマ山やカタトゥンボの雷をテーマにした「アロライマ コレクション(ARORAIMA COLLECTION)」の全ラインアップがそろう。価格帯は1万9000〜14万8000円で、中心価格帯は4万〜6万5000円。

 デザイナーを務めるシンシア・ヴィルチェス・カスティリオーニ(Cynthia Vilchez Castiglioni)は、「マルニ(MARNI)」の元デザイナーであるコンスエロ・カスティリオーニ(Consuelo Castiglioni)の義娘にあたる。「アリータ」はグアヒロ族の言語で、「大切なもの」の意味。グアヒロ族の故郷である、ベネズエラはシンシアが育った土地でもある。シンプルでエレガント、タイムレスな美しさをコンセプトに掲げ、「家」をテーマに15年にブランドをスタートした。

【関連記事】
■「マルニ」のコンスエロ・カスティリオーニの義娘がジュエリーブランドを始動
■マルニのコンスエロ・カスティリオーニ創業者が退任

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

ストリートスナップで探る22年春夏の「売れるトレンド」/追悼:ヴァージル・アブロー

「WWDJAPAN」12月6日号は「2022年春夏リアルトレンド特集」。緊急事態宣言が明けて約2カ月がたち、都内の繁華街にもにぎわいが戻ってきました。ファッションは世相の写し鏡。世の中の20-30代の女性は今、どんな服装をしているのか?編集部は街に繰り出し、ストリートスナップを実施しました。裏表紙からは、急逝したヴァージル・アブロー(Virgil Abloh)の追悼特集。「オフ-ホワイト c/o …

詳細/購入はこちら