ファッション

アレキサンダー・マックイーンの生涯を描いたドキュメンタリー映画が日本で公開

 映画「マックイーン:モードの反逆児」(原題:McQueen)が4月5日にTOHOシネマズ日比谷をはじめとする日本全国の劇場で公開される。

 アレキサンダー・マックイーン(Alexander McQueen)の修業時代から23歳で失業保険を資金に自身のブランド「アレキサンダー・マックイーン」を立ち上げ、絶頂期にいた40歳でその短い生涯を終わらせるまでを描いたドキュメンタリー映画だ。弱冠27歳で「ジバンシィ(GIVENCHY)」のデザイナーに抜擢され、デヴィッド・ボウイやレディー・ガガ、ビョーク、ティム・バートンといったそうそうたるアーティストからの支持を得るなど、数々の成功を収めてきた裏側にあった喜びや苦悩を、本人やマックイーンを支えてきた家族と仲間の独占インタビューを交えて振り返る。ショーのバックステージやコレクション制作現場といった貴重な映像も公開する。

 監督はイアン・ボノート(Ian Bonhote)、劇中音楽は「ピアノ・レッスン」の作曲家マイケル・ナイマン(Michael Nyman)が担当した。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

訪日客100人に直撃「買ったもの教えて下さい」& インバウンド比率9割!も インバウンド人気店舗FILE

「WWDJAPAN」5月20日号は、円安でバブル化している「インバウンド特集」です。銀座、原宿・表参道、心斎橋での訪日客57組106人への突撃インタビューに加え、インバウンドで好調な12の店舗・ブランドを、インバウンド比率や好調アイテム/ブランドとともに紹介した「インバウンドで売れる店FILE」も収録。新しいインバウンド消費の内実を追いました。中国や韓国、米国などのインバウンド消費の上位国からスウ…

詳細/購入はこちら

CONNECT WITH US モーニングダイジェスト
最新の業界ニュースを毎朝解説

前日のダイジェスト、読むべき業界ニュースを記者が選定し、解説を添えて毎朝お届けします(月曜〜金曜の平日配信、祝日・年末年始を除く)。 記事のアクセスランキングや週刊誌「WWDJAPAN Weekly」最新号も確認できます。

@icloud.com/@me.com/@mac.com 以外のアドレスでご登録ください。 ご登録いただくと弊社のプライバシーポリシーに同意したことになります。

メルマガ会員の登録が完了しました。