ビジネス

「アクネ ストゥディオズ」が株式の41%を売却 I.Tグループが10.9%取得

 「アクネ ストゥディオズ(ACNE STUDIOS)」が、株式の41%を投資ファンドのIDGキャピタル(IDG CAPITAL)と香港のアパレル企業I.Tグループ(I.T GROUP)に売却する。同ブランドを設立したジョニー・ヨハンソン(Jonny Johansson)=クリエイティブ・ディレクターとミカエル・シラー(Mikael Schiller)=エグゼクティブ・チェアマンが引き続き株式の過半数を保有し、IDGキャピタルが25.1~30.1%(規制当局の判断により変動)、I.Tグループが10.9%取得する。1株当たりの価格は143ドル(約1万5730円)で、I.Tグループの支払い額は5380万ドル(約59億円)。売却額は、同社の2018年EBIT(利払い前・税引き前利益)である2740万ドル(約30億円)の18倍程度と見られている。

 I.Tグループは2000年代初頭から「アクネ ストゥディオズ」と提携しており、同ブランドのアジア進出をサポートしてきた。他にも、I.Tはギャラリーラファイエット(GALERIES LAFAYETTE)やドーバー ストリート マーケット(DOVER STREET MARKET)、「オフ-ホワイト c/o ヴァージル アブロー(OFF-WHITE c/o VIRGIL ABLOH)」などがアジアに進出する際に提携している。IDGキャピタルは、ファーフェッチ(FARFETCH)やモンクレール(MONCLER)などのアパレル関連企業に加え、テンセント(TENCENT)や百度(BAIDU)といったアジア系のIT企業に出資している。

 シラー=エグゼクティブ・チェアマンは、「最高の条件で取引することができ、とてもうれしく思っている。IDGキャピタルとI.Tグループのことは以前からよく知っており、彼らが持つファッション業界のノウハウや急激に進化しているEC小売りに関する豊富な知識によって、当社がさらに発展することを確信している」と語った。なお、シラー=エグゼクティブ・チェアマンは取引成立の数年後に現職から退く予定。

 「アクネ ストゥディオズ」は1996年にスウェーデン・ストックホルムで設立され、売上高は2億ユーロ(約250億円)を超えているが、情報筋によれば17年から事業が減速していた。日本では東京と大阪に旗艦店を構え、トゥモローランドと折半出資による合弁会社を設立し運営している。

[related post="583096" title=「アクネ ストゥディオズ」が身売り? 夏までに売却先決定か"]

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

2022年版繊維商社特集 有力企業8社の「今とこれから」を写真と記事で読み解く

「WWDJAPAN」7月4日号は、10年以上に渡って続くロングラン企画の「2022年版 繊維商社特集」です。海外出張と重たいキャリーバック、トラブルシューティングなど体力と精神力が必要で、かつては男性が多かった商社ですが、今では女性も増えています。また、SDGsやサステナビリティなどの社会貢献や働く意義がより問われる中で、会社側の考え方や評価のKPIも徐々に変わりつつあります。

詳細/購入はこちら