ファッション

今年のクリスマスは何を贈る? 2018年厳選ホリデーギフト

 2018年も残りわずか。平成最後のクリスマスを目前に、街のショーウィンドーも華やぎを見せている。過ごし方は人さまざまだと思うが、やはりこのシーズンは誰かに何かを贈りたいという気持ちも湧いてくる。大切な恋人や家族、友人へのプレゼントとして、やっぱり今年も頑張った自分へのご褒美として、一年の締めくくりに少し贅沢なプレゼントを贈ってみては?

 クリスマスを前に、ラグジュアリーブランドからホリデーコレクションや新作の便りが続々と届いた。今回は「ディオール(DIOR)」「グッチ(GUCCI)」「フェンディ(FENDI)」「バーバリー(BURBERRY)」の4ブランドからそれぞれ5アイテムを紹介する。

DIOR

 「ディオール」2019年クルーズコレクションには、ギフトに喜ばれそうなアイテムが多数ラインアップする。マリア・グラツィア・キウリ(Maria Grazia Chiuri)=アーティスティック・ディレクターが手掛けたコレクションは、その世界観を表現したデザインが特徴だ。伝統的な素材をアレンジしたテキスタイルや、トラやヘビなどの動物がデザインされたバッグやカードケースは、何か特別な贈り物を演出できそう。ぬいぐるみやアクセサリーなど、さまざまなシチュエーションに合う小物もそろう。

GUCCI

 「グッチ」からは、ホリデー気分を盛り上げるきらびやかなアイテムが登場する。ウオッシュ加工を施したメタリックレザーに、ブランドシンボルのダブルGを配したミニバッグは、スライド式のチェーンストラップとインナーポケットで機能性にも優れる。同ラインのショルダーバッグはファスナータイプで、長財布も収まるサイズだ。80年代のゲームセンターを連想させるスニーカーは、取り外し可能なクリスタルのストラップが印象的。ボディーにはレザーやスエードなど異素材を、ソールにはラバーを使用した。その他、100%のシルク素材にGGパターンをあしらったネクタイや、メタリックの長財布をピックアップする。

FENDI

 「フェンディ」は、ホリデーシーズンに向けた新作カプセルコレクション“フェンディラマ(FENDIRAMA)”を展開中。ラインアップのバッグや小物、アクセサリーなどすべてに共通するテーマは“ロゴ”で、チェリーレッド、イエロー、ブルー、ピンク、ホワイトの5色をベースに、エンボス加工を施した“FF”のロゴをデザインした。“フェンディラマ”のモノグラムロゴが特徴のミニフラップバッグやナップレザー製のiPhone X ケースの他、新作アイテムのコンパクトな三つ折り財布など、ギフトにもふさわしいアイテムがそろう。

BURBERRY

 18年の春にリカルド・ティッシ(Riccardo Tisci)をチーフ・クリエイティブ・オフィサーに迎え入れた「バーバリー」。現在はデザインチームが製作し、リカルドがキュレーションしたアイテムを展開している。ブランドを象徴するトレンチコートに着想を得たベルト付きのトートバッグや、カード収納ポケットを備えたメタリックレザーのショルダーバッグ、“馬上の騎士”のモチーフをプリントしたコンパクト財布など、アクセントになりそうなレザーアイテムが並ぶ。またバーバリーチェックやマントなどに身を包んだ姿が人気のベアのチャームは19年春夏の新作が登場。ブランドロゴをジャカード織りにしたカシミヤのスカーフはユニセックスで使用できる。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

登山特集2024、多様化する山カルチャーを追え! 人気ガレージブランドや山道具店を取材

「WWDJAPAN」7月15日号は、“登山特集”です。登山人口はコロナからの回復を除いて長らく漸減が続いていますが、一方で「20〜40代の若年層が山に増えている」といった声も聞きます。新世代が山に増えたことで、従来の登山のあり方だったピークハント(山頂に登ること)以外にも、さまざまな山の楽しみ方が広がっています。変化の中にある登山市場を取材しました。 過去10年間で“ウルトラライトハイキング”(以…

詳細/購入はこちら

CONNECT WITH US モーニングダイジェスト
最新の業界ニュースを毎朝解説

前日のダイジェスト、読むべき業界ニュースを記者が選定し、解説を添えて毎朝お届けします(月曜〜金曜の平日配信、祝日・年末年始を除く)。 記事のアクセスランキングや週刊誌「WWDJAPAN Weekly」最新号も確認できます。

@icloud.com/@me.com/@mac.com 以外のアドレスでご登録ください。 ご登録いただくと弊社のプライバシーポリシーに同意したことになります。

メルマガ会員の登録が完了しました。