ファッション

1年頑張った自分にご褒美 今年のイチ推しホリデージュエリー9選

 今年もあとわずか。クリスマスを前に自分へのご褒美の購入を考えている人も多いはずだ。ジュエリー業界が一番盛り上がるのが12月。以前はギフト需要もあったが、最近では自家需要がほとんどで、自分のためにジュエリーを購入する女性が増えている。そんな消費者に向けて、各ブランドはオリジナルのホリデーコレクションを提案し、スペシャルボックスなども用意してホリデームードを盛り上げる。国内のジュエリーブランドに今年のイチ推しジュエリーについて聞いた。

4℃

エバー モーメント / ダイヤモンドネックレス

 「4℃」のクリスマス限定コレクションのイチ推しは、クリスマスツリーの上で輝くトップスターをイメージしたダイヤモンドネックレスだ。テーマは“エバー モーメント(この一瞬を永遠に)”。恋人や親友、家族など大切な人との幸せが永遠に続くようにという願いが込められている。チェーンにはアジャスターが付いているので、スタイルに合わせて長さが調整できる。

STAR JEWELRY

モーメンツ オブ ライト / ネックレス

 「スタージュエリー」からは、色石を使用したクリスマス限定ネックレスが登場。‟光輝く瞬間“をアクアマリンやタンザナイトなどブルー系の石のきらめきを最大限に生かして表現したデザインだ。伊勢丹新宿本店、松屋銀座本店、高島屋横浜店内のインショップでは、パライバトルマリンなどの石を選び、世界で一つのジュエリーにカスタマイズすることもできる。

AGETE

ウインタースペシャル / イヤードレス

 色石のジュエリーの代表格「アガット」。大人気のイヤードレスのホリデー限定アイテムは、オリジナルカットのカイヤナイトやラブラドライトなどのカラーストーンやシルバーとゴールドのコンビカラーのアメリカンピアス、繊細なチャーム付きで、いろいろコーディネートを楽しめるようになっている。スペシャルボックス付き。

FESTARIA BIJOU SOPHIA

ウィッシュ アポン ア スター / ダイヤモンドペンダント


 星が浮かび上がるダイヤモンドの“ウィッシュ アポン ア スター”で知られる「フェスタリア ビジュ ソフィア」は、‟星の王子さま“コレクションから人気のデザインを大人テイストにアレンジしたネックレスが登場。センターには‟ウィッシュ アポン ア スター”のダイヤモンドが施されており、4WAYで着用できるようになっている。クリスマス限定ボックス付き。

AHKAH

カシオペア / リング


 「アーカー」のホリデーコレクションはカシオペア座をモチーフにしたフォークリングに注目だ。夜空に輝く星の躍動感をアシンメトリーなデザインで軽やかに表現している。ランダムに配置された5つの星が手元で踊っているような、ホリデーシーズンにぴったりの一点だ。

VENDOME AOYAMA

シャトープリヴェ / セットリング

 「ヴァンドーム青山」からは、お得感のある3本セットリングがホリデー限定商品として登場した。‟シャトープリヴェ“という名前の通り古城の情景をイメージしたリングで、3本重ねて華やかに、また、組み合わせを変えてさまざまな楽しみ方ができる。2019年1月14日までの特別価格で、数量限定で専用スペシャルボックスが付いてくる。

PONTE VECCHIO

アマート / ネックレス

 「ポンテヴェキオ」のイチ推しホリデーアイテムは‟アマート“ネックレスだ。‟アマート”とは‟愛しい人“という意味で、ホリデーコレクションのテーマである‟アモーレ(AMORE)”のアルファベット文字をキューブの各面に施している。ダイヤモンドがちりばめられた文字とハートがアクセント。

ETE

ルーチェ / ネックレス

 「エテ」のホリデーコレクションのテーマはイタリア語で‟光“を意味する‟ルーチェ”。フォーカスアイテムは、星がダンスしているようにダイヤモンドをリズミカルにセッティングしたネックレスだ。一見ランダムに配置されているようだが着用時に美しく見えるようこだわっており、セミロングのチェーンなので印象も優美だ。12月25日までの数量限定販売。

SWAROVSKI

ルイゾン / ネックレス

 ギフトでも自家需要でも人気の高い「スワロフスキー」の一押しは、マーキスカットのジルコニアを連ねて魔法の森に霜が降りた風景を表現したネックレスだ。ホリデーシーズンに合わせてドレスアップする時にぴったりなデザイン。デイリーの装いにも華やかさをプラスしてくれる便利なアイテムだ。

最新号紹介

WWD JAPAN

CEO特集2021 ファッション&ビューティ47社に聞く「2040年のビジョン」

1月25日号は「CEO特集2021」を大ボリュームの108ページでお届けします。毎年恒例の特集ですが、今回はファッション企業19社、ビューティ企業28社の経営トップが登場し、「2040年のビジョン」を語ります。リーダーたちは目の前のコロナ危機に対応しつつ、その先にある長期的な企業像をどう描くのか。ビジネス戦略はもちろん、日本を代表する有力企業のカルチャーや経営トップのキャラクターが垣間見ることがで…

詳細/購入はこちら