フォーカス

香り・感触・オーガニック、2018年美容キーワードは「何となく感じていたこと」の“見える化”

 「WWDビューティ」2018年12月27日・19年1月3日合併号の2018年ベストコスメ企画は、今年のヒットの傾向や注目アイテムを特集している。ここでは少々ニッチな視点で、個人的に気になった18年の美容キーワード3つをご紹介したい。「進化型オーガニック」「心地良い感触への注目」「ニッチフレグランス」――これらキーワードに共通するのは、今まで感覚的に「何となくよさそう」と感じていたことを“見える化”したことだ。

オーガニック植物×科学の融合「進化型オーガニックコスメ」

 専門店やバラエティーショップでの取り扱いが増え、身近な存在になったオーガニックコスメ。消費者の購入動機としては「香りの心地よさ」「お洒落なイメージ」「肌にやさしそう」といった、ふわっとした理由が少なくないように思う。18年はそんな感覚的な理由から一歩進んで、肌や体への効果を科学的視点で検証した「進化型オーガニックコスメ」が充実した。

 ACROから誕生した「イトリン(ITRIM)」は、植物原料の抗酸化作用や保湿作用を検証し、製品を使った肌の改善作用に関してもエビデンスを得ている。「ジュリーク(JURLIQUE)」の「ハーバル シグニチャー」シリーズは、4種のオーガニック植物からなる独自成分“B-Drop”に、抗酸化、抗炎症、血流促進作用を確認。カラーズの「ザ パブリック オーガニック(THE PUBLIC ORGANIC)」は、睡眠学専門の白濱龍太郎・医師と、精油の専門家である塩田清二・医学博士が開発に参加した「スーパーディープナイト ホリスティック 精油ディフューザー」を発売。入眠までの時間や覚醒反応を指標に、睡眠の質の改善作用が認められている。

 これらの製品は、オーガニックコスメをなんとなく選んでいた消費者に、肌や体への機能性という新たな価値を提供している。多忙な女性が増えた今、「心地よい香り」と「機能性」を両立させた進化型オーガニックコスメは、ますます注目を集めそうだ 。