フォーカス

世界で大ブレイク中の“異色肌”の震源地 元祖異色肌ギャルmiyakoに直撃取材

 1990年代後半から2000年代前半に日焼けした肌に派手なヘアメイクが特徴の“ガングロギャル”が話題を呼んだが、今新たなギャルが世界中でブームを起こしている。“異色肌ギャル”は、その名の通りさまざまなカラーを全身に取り入れたド派手な格好のギャルのことだ。今SNSで#ishokuhadaと検索すれば世界中から投稿があり、日本にとどまらずグローバルな広がりが垣間見える。

 さらに、世界のコレクションサーキットでも静かにそのブームが訪れつつある。昨年4月に「グッチ(GUCCI)」が発表した宇宙人ムービーに引き続き、「モスキーノ(MOSCHINO)」は今年2月のミラノ・コレクションで、6月下旬からは超大物フォトグラファーのスティーブン・マイゼル(Steven Meisel)とスーパーモデルのジジ・ハディッド(Gigi Hadid)らを起用。“異色肌”を打ち出した。同じ6月のメンズコレではパリで「アンダーカバー(UNDERCOVER)」が“異色肌男子”、7月のオートクチュールでは「メゾン マルジェラ “アーティザナル” デザインド バイ ジョン ガリアーノ(MAISONMARGIELA 'ARTISANAL' DESIGNED BY JOHN GALLIANO)」がカラフルなチュールをまとった異色肌風コレクションを発表した。とどまることを知らない“異色肌ブーム”。だがその震源は、miyakoという一人の日本人ギャル。異色肌ブームは彼女が昨年ツイッターに投稿した1枚の写真から始まった。miyakoに直撃インタビューを敢行した。