ファッション

沢渡朔が語る自身の写真哲学 “少女”が永遠のテーマである理由

 これまで少女と女性のポートレートに力を注いできた写真家、沢渡朔。学生時代には寺山修司や白石かずこらと過ごし、大学卒業後には日本デザインセンターで深瀬昌久や宇野亜喜良、横尾忠則らと出会い、さらに四谷シモンらとも関係性を深めていく。1966年にはフリーのカメラマンとしてキャリアをスタートし、以降はファッション写真の分野で、数々の雑誌や広告写真の常識を覆す表現を追求した。73年には編集者の桑原茂夫や詩人の谷川俊太郎らと共に「不思議の国のアリス」をテーマにした写真集「少女アリス」を発表。同年、イタリア人モデルのナディア・ガッリィ(Nadia Galli)を起用した「森の人形館 NADIA」を発表し、女性をモチーフにした表現の新たな領域を切り開いた。以降は「流行通信」や「ハイファッション」などでファッション写真を担当し、「コム・デ・ギャルソン(COMME DES GARCONS)」のビジュアルも手掛けた。現在に至るまで被写体の9割以上が女性で、いずれの作品にも女性の自然な輝きと共に艶っぽい色気が漂う。今なお精力的に活動する沢渡の写真哲学を約60年に及ぶ写真家人生と共に振り返る。

WWD:写真を始めた頃に影響を受けていたものは何ですか?

沢渡朔(以下、沢渡):まずはフランスのヌーヴェル・ヴァーグの映画です。1960年代初頭は、映画も音楽も新しい表現が生まれた時代です。その頃にはジャズにも傾倒しまして、ジャズ漬けの毎日でした。僕の学生時代には、新宿にキーヨなどのジャズ喫茶があって、写真を撮っている以外はずっとジャズを聴いていました。今でもダグ(DUG)はありますよね。その3年くらい後にビートルズ(The Beatles)が出てきた。その後はビートルズにどっぷりだったけど、今でもジャズは好きでよく聴きます。お酒を飲みながら聴くのが一番。

WWD:ヌーヴェル・ヴァーグやジャズからはどんな影響を受けましたか?

沢渡:そういう文化が好きな人たちとつながったことでしょうか。あの頃は詩人の白石かずこさんとも撮影に取り組みました。篠山(紀信)さんとも大学で知り合い、日本デザインセンターでは高橋睦郎さん、宇野亜喜良さん、横尾(忠則)さんらと知り合いました。高橋さんには四谷シモンさんを紹介してもらいました。面白い人が周りにたくさんいたので、互いに影響を与え合っていた気がします。その頃から僕の写真のテーマは“女性”と“子ども”だったんです。ジャズの影響で黒人が好きだったので、白石さんと横田基地に通っては黒人の女性や子どもを撮影していました。とにかく人との出会いが楽しかったですね。

WWD:出会いでいうと、ナディア・ガッリィとの出会いは、その後の写真にどんな影響を与えましたか?

沢渡:ある意味、原点かもしれない。それまで多くの女性を撮っていたけれど「NADIA」ほど大きな作品にはなっていないですから。ナディアとは1年半くらい交流をしながら撮影しました。女性を撮影するのにはベストな関係性だったと思います。

WWD:被写体との向き合い方のことでしょうか?

沢渡:向き合い方……どうでしょうね。とにかく適度な距離感だったと思います。僕はどんなに親しい関係でも冷静に見ている、いわばカメラマンとしての目もあるわけです。だから現場の判断が重要なんですよ。

WWD:撮影前に具体的な写真のイメージをしますか?

沢渡:場合によってはするかもしれませんが、先入観はない方が絶対に面白い。生き物なわけですから、現場で作り上げていくのがベストです。全てを演出してはダメ。せめて半分は演出したとして、残りの半分はなりゆきに任せることです。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

ファッション&ビューティメディア大特集 一緒に働く人も目指す人も必読!

11月29日発売の「WWDJAPAN」は、毎年恒例のメディア特集です。今週号には10社、14媒体、そして総勢32人の個性豊かな編集者が登場します。特集は、コロナ禍で編集長に就任&復帰した「25ans」と「MEN’S EX」そして「ハニカム(HONEYEE.COM)」編集長の座談会からスタート。「おめでとう」より「大変だね」と言われることが多かった編集長は、コロナが背中を押したかもしれない新事業への…

詳細/購入はこちら