ファッション

“注文の多いバゲット専門店”が「ホテル コエ トーキョー」に登場 約25種のバゲットを提供

 ストライプインターナショナルは11月29日、ポップアップベーカリー「(パンおたくからの)注文の多いバゲット専門店」を「ホテル コエ トーキョー(HOTEL KOE TOKYO)」1階のダイニングカフェ「コエ ロビー(KOE LOBBY)」に期間限定でオープンする。終了日は未定。

 同ポップアップは、パンを研究する「パンラボ」主宰の池田浩明が監修。池田の“日本一のブレッドギーク(パンおたく)から多くの注文を受け、こだわりのバケット専門店を作りたい”という思いから開催に至った。

 バゲットは、「コエ ロビー」のベーカリーシェフ、渡邊大が考案した3種の “KOE バゲット”の他、明太子をふんだんに用いた“明太フランス”、ワイン漬けのレーズンを使用した“ワインレーズンのミルクフランス”、国産あんことゴルゴンゾーラチーズを組み合わせた“あんこゴルゴンゾーラ”など、約25種を用意する。“KOE バゲット”は、“奇跡の小麦”と呼ばれる北海道産の小麦“キタノカオリ”を100%使用。低温で長時間発酵させたプレーンタイプ、カカオを練り込んだ“ブラックカカオバゲット”、柔らかな食感が特徴の“ホワイトソフトバゲット”をそろえる。

 また、12月10、14日には、朝食イベント「あつあつバゲット窯出しショー」を開催。窯から出した焼き立てのバゲットと、バリスタが淹れたハンドドリップコーヒーを提供する。

■(パンおたくからの)注文の多いバゲット専門店
日程:11月29~
場所:ホテル コエ トーキョー 1階 コエロビー
住所:東京都渋谷区宇田川町3-7

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

辻愛沙子と語り合う業界に必要な新しい教養 見た目に伴う先入観や偏見を考えよう

6月14日号の「WWDJAPAN」は、社会派クリエイティブを追求する辻愛沙子アルカ最高経営責任者(CEO)監修のもと、社会課題にまつわる“新しい教養”を対話しながら学びます。コーヒーを片手に社会問題を語り合う、大人に向けた新しい教育の場「ソーシャルコーヒーハウス」を立ち上げた彼女と、ファッション&ビューティ業界だからこそ大切に考えたい、見た目や容姿にまつわる偏見や先入観について対話します。一般的に…

詳細/購入はこちら