ニュース

学生の接客ロープレ大会を東京・大阪で初開催 パル井上財団

 パルグループの創業家が立ち上げた公益財団法人パル井上財団(大阪、井上英隆・代表理事)が、ファッションビジネスを専攻する学生による接客ロールプレーイング大会「パルファンデーションカップ(PAL FOUNDATION CUP)」を東京と大阪で初めて開催した。全国の19校から選ばれた学生が決勝の東京大会に9人、大阪大会に8人参加し、接客パフォーマンスを競った。

 11月9日に渋谷シダックスホールで開かれた東京大会では文化学園大学の明果瑠(あくたる)たはりまさんが、16日に阪急うめだホールで行われた大阪大会では大阪モード学園の木本梢さんがそれぞれ最高賞のプラチナ賞を受賞した。2人には賞金10万円と副賞のパリ往復航空券が贈られた。両会場には出場者を応援する同級生らがたくさん訪れ、熱い声援を送り、大会を盛り上げた。

 服飾系のデザイン部門の学生を対象にしたコンテストは盛んに行われているのに対し、ビジネスや流通、マーケティングを専攻する学生には励みになるような表彰制度がなかったことから同財団が接客ロールプレーイング大会を企画した。出場者はロープレの実技の前に、1次選考で自分のブランド・店舗の企画書を作成し、その設定に基づいて接客を行なった。

 パル井上財団は2013年の設立。経済的理由で就学が困難とみられる日本人学生や外国人留学生に対し、奨学援助を行い、将来のファッション産業に貢献する人材を育成することを目的に活動している。

最新号紹介

WWD JAPAN

2020年春夏、コロナ禍でも売れたものは何だった? 富裕層の高額品消費意欲は衰えず

「WWDジャパン」9月21日号は、「2020年春夏、有力店で売れたもの」特集です。WWDで毎シーズン恒例となっている有力店の商況調査ですが、コロナ禍に見舞われた今春夏は、多くの商業施設が営業を再開した6~7月の期間で消費動向や好調なブランドを調査しました。化粧品、特選、婦人服、紳士服などの9つのカテゴリー別に各店のデータをまとめています。コロナで大苦戦という声が大半を占めると思いきや、こと特選カテ…

詳細/購入はこちら