ニュース

「シックスパッド」のMTGは海外が絶好調 2018年9月期の売上高は33.5%増の605億円

 トレーニング機器「シックスパッド(SIXPAD)」などを販売し、7月10日に東証マザーズに上場したMTG(名古屋市、松下剛・社長)は、2018年9月期連結決算を発表した。グローバル事業やリテールマーケティング事業など全セグメントが前年を上回り、売上高は前期比33.4%増の605億円、営業利益は同53.5%増の89億円、経常利益は同45.1%増の89億円、純利益が同28.0%増の55億円と大幅の増収増益だった。

 事業別売上高は、グローバル事業が同87.9%増の219億円。アジア各国やイギリスへの出店の他、18年2月に「シックスパッド」ブランドの展開を狙いイギリスに連結子会社を、3月には物流機能を持つ欧州統括会社をオランダに設立するなど、事業を拡大した。家電量販店などで「シックスパッド」のインショップを28店舗出店し、什器の刷新や接客改善などを行い売り上げ増加につなげたリテールマーケティング事業は同13.5%増の121億円で着地した。

 その他、百貨店や免税店などの直接販売を行うブランドストア事業は「シックスパッド」「リファ」「MDNAスキン(MDNA SKIN)」「スタイルブランド(STYLE BRAND)」の主要4ブランドで百貨店20店舗、免税店4店舗、直営専門店10店舗を新規出店し、同41.9%増の83億円。EC販売のダイレクトマーケティング事業売上高は同5.1%増の104億円となった。

 なお、同社は19年9月期は売上高が前期比15.8%増の700億円、経常利益が同12.6%増の100億円を見込んでいる。

最新号紹介

WWD JAPAN

2020年春夏、コロナ禍でも売れたものは何だった? 富裕層の高額品消費意欲は衰えず

「WWDジャパン」9月21日号は、「2020年春夏、有力店で売れたもの」特集です。WWDで毎シーズン恒例となっている有力店の商況調査ですが、コロナ禍に見舞われた今春夏は、多くの商業施設が営業を再開した6~7月の期間で消費動向や好調なブランドを調査しました。化粧品、特選、婦人服、紳士服などの9つのカテゴリー別に各店のデータをまとめています。コロナで大苦戦という声が大半を占めると思いきや、こと特選カテ…

詳細/購入はこちら