ニュース

「リファ」「シックスパッド」のMTGが不適切会計の疑い 第三者委員会を設置し調査

 美容機器の「リファ(REFA)」や「シックスパッド(SIXPAD)」「MDNAスキン」などの製造・販売を行うMTGは、5月10日に発表した2018年10月~19年3月期決算において、連結子会社であるMTG上海の不適切な会計処理の疑いがあると判明した。14日には第三者委員会を設置し、社外の専門家を用いて徹底した調査を行うことを発表した。

 第三者委員会の調査報告書は、6月上旬に受領予定となっている。また、当期報告書の提出についても対応を検討しているという。

 5月10日に発表した2018年10月~19年3月期の連結決算では、新EC法(中国電子商取引法)の影響によるインバウンド需要の減少などがあり、売上高は前期比13.1%減の246億円、営業利益は同86.5%減の7億1200万円、経常利益は同85.9%減の7憶9700万円だった。

 MTGは18年7月10日に東証マザーズに上場。上場初日の終値は7350円だったが、5月15日での終値は1583円となっている。