ニュース

組み合わせは200万通り以上! 「ヴァレクストラ」が自分だけのモノグラムバッグを作れる新コレクション発売

 イタリア・ミラノ発のレザーグッズブランド「ヴァレクストラ(VALEXTRA)」は、自分だけのオリジナルモノグラムをプリントしたバッグを作ることができる“#ノーロゴマイロゴ(#NOLOGOMYLOGO)”コレクションを発売する。ミラノ・ファッション・ウイークでの2019年春夏コレクションのプレゼンテーションと同時にマンゾーニ通りのショップとECサイトでローンチされたもので、日本では11月7日からECサイトを中心に店舗でも順次受け付けをスタート。オーダーから約3カ月で完成品を届ける。ベースとなるバッグは、“イジィデ(ISIDE)”や“パスパトート(PASSEPARTOUT)”などアイコニックなモデルをはじめ15種(サイズ違い含む)をラインアップ。価格帯は24万6000~64万8000円。

 「ヴァレクストラ」は、同コレクションを顧客との密なコラボレーションにより、個性と独自性を称える唯一無二のアイテムを提案する取り組みと位置付ける。まず顧客はバッグのモデルを選択。続いてA~Zのアルファベットと0~9の数字から自分のイニシャルやラッキーナンバーなど2文字もしくは3文字を選び、好みの配色やサイズなどを指定する。その後、「ヴァレクストラ」のデザインチームから2つのデザイン案が届き(場合によってはさらにもう1パターンをリクエストすることも可能)、自分好みに仕上げられたパターンを選ぶことができる。その組み合わせは200万通りに上るという。

 同コレクションの発案者であるサラ・フェレロ(Sara Ferrero)最高経営責任者(CEO)は、「『ヴァレクストラ』の中心にあるのは、常にお客さま。これまでもロゴを打ち出さずに豊富なカラーをそろえるなどしてニーズに応えてきたが、このコレクションはまさにその延長と言える。近年のロゴブームは視覚的には面白いと思う。しかし、われわれとしてはブランドロゴが全面に描かれたバッグを提案する代わりに、パーソナライズされたモノグラムを通して自分らしさを表現する可能性を与えたい」と話す。

JUN YABUNO:1986年大阪生まれ。ロンドン・カレッジ・オブ・ファッションを卒業後、「WWDジャパン」の編集記者として、ヨーロッパのファッション・ウィークの取材をはじめ、デザイナーズブランドやバッグ、インポーター、新人発掘などの分野を担当。2017年9月ベルリンに拠点を移し、フリーランスでファッションとライフスタイル関連の記事執筆や翻訳を手掛ける。「Yahoo!ニュース 個人」のオーサーも務める。