ファッション

「ステラ マッカートニー」が乳がん意識向上キャンペーンで限定ランジェリー モデルはソフィア・ベルガラ

 「ステラ マッカートニー(STELLA McCARTNEY)」は、乳がん意識向上キャンペーンとしてペールローズカラーの限定ランジェリーセット“ローズ ロマンシング(恋するローズ)”を発表した。イメージビジュアルには女優のソフィア・ベルガラ(Sofia Vergara)を起用する。

 11月初旬から「ステラ マッカートニー」青山店と六本木ヒルズ店で販売し、価格はソフトカップブラが2万円、ビキニブリーフが1万4000円。売り上げの一部は世界各地のチャリティーやサポートセンターに寄付する。同キャンペーンは10月の乳がん啓発月間に合わせて毎年行っており、これまでに女優でモデルのケイト・モス(Kate Moss)やカーラ・デルヴィーニュ(Cara Delevingne)らがランジェリーのモデルを務めている。

 また、キャンペーンに合わせてショートフィルム「オール イズ ラブ」も公開した。ナレーションには俳優のイドリス・エルバ(Idris Elba)を起用し、さまざまな人物が乳がんに関するそれぞれの経験を語るという内容となっている。

 キャンペーン公式サイトでは、希望者に両乳房切除術後圧縮ブラ“ルイーズ リスニング(耳を澄ませるルイーズ)”を無料で配布する取り組みを行う。

最新号紹介

WWD JAPAN

広まるSDGs、DXへの挑戦 眼鏡のフォームチェンジが起きている

「WWDJAPAN」4月12日号は、眼鏡特集です。旧態依然と言われる眼鏡業界ですが、コロナ禍で眼鏡や眼鏡店は時代に応じたさまざまな変化(フォームチェンジ)を見せています。アパレル業界でスタンダードになっているサステナブルなモノ作りに眼鏡も取り組みはじめ、年間のビジネスの大きな山場である4月は多くの展示会がオンライン商談に挑戦しました。テレワークやオンライン授業が一般化し、向き合う時間が増えたパソコ…

詳細/購入はこちら