ファッション

ストライプがインドネシア本格進出 ジャカルタに傘下のEC企業の1号店開店

 ストライプインターナショナルが傘下に収めるインドネシアのファッションEC企業「ボボボボ(BOBOBOBO)」は9月27日、ジャカルタの商業施設「ポンドック インダー モール 2(PONDOK INDAH MALL 2)」にリアル店舗1号店を出店した。初日は開店前に約400人が行列を作り、日本円にして約400万円を売り上げる盛況だった。ストライプは「ボボボボ」を今後3年間で約30店舗に増やす計画で、今回の出店が同社のインドネシア進出の足掛かりとなる。

 店舗面積は75平方メートル。ストライプの「アース ミュージック&エコロジー(EARTH MUSIC&ECOLOGY)」「アメリカン ホリック(AMERICAN HOLIC)」など主力ブランドを展開し、店舗展開や運営面も同社がサポートする。

 ボボボボは2012年創業。同名の富裕層向けECモールを運営し、オリジナルブランド「ワスツ(WASTU)」を手掛ける。ストライプは17年11月に同社の株式34%を取得し、インドネシア市場への参入を開始した。

最新号紹介

WWD JAPAN

注目高まる新50〜60代市場 “主役世代”の消費はこうつかめ!

「WWDJAPAN」5月10日号は、「注目の新50〜60代市場」特集です。日本女性の過半数が50歳以上となった今、50〜60代は消費の“主役”として存在感を増しています。子育て期などを経て、再び人生を“主役”として謳歌する世代でもあります。そんな50〜60代を「WWDJAPAN」は“主役世代”と命名し、このマーケットに刺さるビジネスを取材しました。3人の“主役世代”女性による座談会のほか、シニアに…

詳細/購入はこちら