ニュース

ストライプの社外取締役に大西洋・前三越伊勢丹HD社長 

 ストライプインターナショナルは、8月1日付で社外取締役に大西洋・前三越伊勢丹ホールディングス(HD)社長が就任すると発表した。大西氏の「経営者としての豊富な経験や知識を生かし、ブランディングやグローバル展開へのアドバイスを受けながら、更なる業容拡大と企業価値向上を目指す」という。

 ストライプの石川康晴・社長は、「『ストライプデパートメント(STRIPE DEPARTMENT)』『ホテル コエ トーキョー(HOTEL KOE TOKYO)』などの新事業の展開や海外事業の拡大に大西氏の意見を生かし、企業価値向上の一翼を担っていただく」とコメントしている。同社の社外取締役はこれで、出井伸之・元ソニー最高経営責任者(CEO)、岩田喜美枝・元資生堂副社長との3人体制となる。

 大西氏は1955年生まれ。79年伊勢丹入社、2012年に三越伊勢丹ホールディングス社長に就任し、17年に退任。18年7月から日本空港ビルデング副社長を務めている。

最新号紹介

WWD JAPAN

CEO特集2021 ファッション&ビューティ47社に聞く「2040年のビジョン」

1月25日号は「CEO特集2021」を大ボリュームの108ページでお届けします。毎年恒例の特集ですが、今回はファッション企業19社、ビューティ企業28社の経営トップが登場し、「2040年のビジョン」を語ります。リーダーたちは目の前のコロナ危機に対応しつつ、その先にある長期的な企業像をどう描くのか。ビジネス戦略はもちろん、日本を代表する有力企業のカルチャーや経営トップのキャラクターが垣間見ることがで…

詳細/購入はこちら