ファッション

ストライプのECサイトがリニューアル 「MSGM」や「ソニア リキエル」も取り扱い開始

 ストライプインターナショナル(STRIPE INTERNATIONAL)のECモール「ストライプデパートメント(STRIPE DEPARTMENT)」は9月3日、ハイブランドの取り扱い開始に伴いサイトをリニューアルした。

 「ストライプデパートメント」はハイブランドの取り扱いを強化しており、6月の「マーク ジェイコブス(MARC JACOBS)」に続き、「ソニア リキエル(SONIA RYKIEL)」「ニナ リッチ(NINA RICCI)」「ディースクエアード(DSQUARED2)」「MSGM」「ヌメロ ヴェントゥーノ(N21)」なども順次導入している。またこれらのブランドを含む約50ブランドを集めた“デザイナーズ”カテゴリーのトップページを新たに開設した。今後は別注アイテムの発売も予定している。

 さらにメイクアップやネイルケアなどを扱う“ビューティー”、ファッション性の高いスポーツウエアブランドを集めた“ウェルネス”、生活雑貨だけでなくルームフレグランスも用意する“リビング”の3領域も本格的に開始する。今後は領域の強化を図るとともに、ライフスタイル全般の提案にも力を入れていく。

最新号紹介

WWD JAPAN

コロナ禍の現地取材で見えた“パリコレ”の価値 2021年春夏コレクション続報

「WWDジャパン」10月19日号は2021年春夏コレクションの続報です。コロナ禍でデジタルシフトが進んだコレクション発表ですが、ミラノとパリではそれぞれ20ブランド前後がリアルショーを開催。誰もがインターネットを通じて同じものを見られる今、リアルショーを開催することにどんな意味があるのか?私たちはリアルショーを情熱の“増幅装置”だと考え、現地取材した全19ブランドにフォーカス。それぞれの演出やクリ…

詳細/購入はこちら