ファッション

ストライプのECサイトがリニューアル 「MSGM」や「ソニア リキエル」も取り扱い開始

 ストライプインターナショナル(STRIPE INTERNATIONAL)のECモール「ストライプデパートメント(STRIPE DEPARTMENT)」は9月3日、ハイブランドの取り扱い開始に伴いサイトをリニューアルした。

 「ストライプデパートメント」はハイブランドの取り扱いを強化しており、6月の「マーク ジェイコブス(MARC JACOBS)」に続き、「ソニア リキエル(SONIA RYKIEL)」「ニナ リッチ(NINA RICCI)」「ディースクエアード(DSQUARED2)」「MSGM」「ヌメロ ヴェントゥーノ(N21)」なども順次導入している。またこれらのブランドを含む約50ブランドを集めた“デザイナーズ”カテゴリーのトップページを新たに開設した。今後は別注アイテムの発売も予定している。

 さらにメイクアップやネイルケアなどを扱う“ビューティー”、ファッション性の高いスポーツウエアブランドを集めた“ウェルネス”、生活雑貨だけでなくルームフレグランスも用意する“リビング”の3領域も本格的に開始する。今後は領域の強化を図るとともに、ライフスタイル全般の提案にも力を入れていく。

最新号紹介

WWD JAPAN

バーチャル空間に商機あり ファッションビジネスの可能性を探る

1月18日号は「バーチャル空間」特集です。世界最大級のストリートの祭典「コンプレックスコン」のデジタル版「コンプレックスランド」と世界最大級のバーチャルイベント「バーチャルマーケット5」を徹底取材。出展者や参加者が “体験”したことで分かった可能性や課題をまとめました。大型連載、サステナブル特集はステップ5として「認証」がテーマ。国際的な認証機関のお墨付きを得ることの重要性を説きます。ミニ特集では…

詳細/購入はこちら