ファッション

ストライプのECサイトがリニューアル 「MSGM」や「ソニア リキエル」も取り扱い開始

 ストライプインターナショナル(STRIPE INTERNATIONAL)のECモール「ストライプデパートメント(STRIPE DEPARTMENT)」は9月3日、ハイブランドの取り扱い開始に伴いサイトをリニューアルした。

 「ストライプデパートメント」はハイブランドの取り扱いを強化しており、6月の「マーク ジェイコブス(MARC JACOBS)」に続き、「ソニア リキエル(SONIA RYKIEL)」「ニナ リッチ(NINA RICCI)」「ディースクエアード(DSQUARED2)」「MSGM」「ヌメロ ヴェントゥーノ(N21)」なども順次導入している。またこれらのブランドを含む約50ブランドを集めた“デザイナーズ”カテゴリーのトップページを新たに開設した。今後は別注アイテムの発売も予定している。

 さらにメイクアップやネイルケアなどを扱う“ビューティー”、ファッション性の高いスポーツウエアブランドを集めた“ウェルネス”、生活雑貨だけでなくルームフレグランスも用意する“リビング”の3領域も本格的に開始する。今後は領域の強化を図るとともに、ライフスタイル全般の提案にも力を入れていく。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

42ブランドが推す秋冬スタイルから見るメンズリアルトレンド 広がる“グランパコア”

「WWDJAPAN」2024年6月17日号は、“グランパコア”というキーワードを軸に、メンズのリアルトレンドを特集します。“おじいちゃんの着古した服を借りてきた”ようなスタイルの“グランパコア”が今、どのように広がっているのか。セレクト各社やアパレルメーカーの展示会取材を通して背景を考察するほか、各ブランドの24-25年秋冬の推しスタイルを通して見えてくるリアルなトレンドを紹介します。

詳細/購入はこちら

CONNECT WITH US モーニングダイジェスト
最新の業界ニュースを毎朝解説

前日のダイジェスト、読むべき業界ニュースを記者が選定し、解説を添えて毎朝お届けします(月曜〜金曜の平日配信、祝日・年末年始を除く)。 記事のアクセスランキングや週刊誌「WWDJAPAN Weekly」最新号も確認できます。

@icloud.com/@me.com/@mac.com 以外のアドレスでご登録ください。 ご登録いただくと弊社のプライバシーポリシーに同意したことになります。

メルマガ会員の登録が完了しました。