ビジネス

ストライプが「ハニーサロン バイ フォピッシュ」の運営会社を買収 

 ストライプインターナショナル(以下、ストライプ)は21日、雑貨を中心とした10~30代向けのウィメンズブランド「ハニーサロン バイ フォピッシュ(HONEY SALON BY FOPPISH以下、ハニーサロン)」を展開するフォピッシュ(千葉雅江・社長)の全株式を取得し、傘下に収めたと発表した。フォピッシュの企画力を注入することで、「雑貨類の商品強化が課題」(広報担当者)という「アースミュージック&エコロジー(EARTH MUSIC & ECOLOGY)」などストライプの各ブランドの精度向上を狙う。また、ECや財務面などでストライプの資源を活用し、「ハニーサロン」の売上高を5年間で「現状の5倍」に拡大する。千葉社長は続投する。

 フォピッシュは2000年3月の設立。ガーリーなデザインが強みで、00年代後半の雑誌「スウィート(sweet)」のブームなどを背景に認知を上げてきた。現在は、ラフォーレ原宿とルミネエスト新宿の直営2店を構える他、自社ECサイトでの直販や地方個店への卸を行っている。価格帯はバッグで1万円前後が中心。

 株式取得についてストライプの石川康晴・社長は、「高い企画力と独自性を持つフォピッシュがグループに加わることで、ターゲット層の拡大が可能と判断した」とコメントしている。9月からストライプの自社サイト「ストライプクラブ(STRIPE CLUB)」で「ハニーサロン」を販売する。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

辻愛沙子と語り合う業界に必要な新しい教養 見た目に伴う先入観や偏見を考えよう

6月14日号の「WWDJAPAN」は、社会派クリエイティブを追求する辻愛沙子アルカ最高経営責任者(CEO)監修のもと、社会課題にまつわる“新しい教養”を対話しながら学びます。コーヒーを片手に社会問題を語り合う、大人に向けた新しい教育の場「ソーシャルコーヒーハウス」を立ち上げた彼女と、ファッション&ビューティ業界だからこそ大切に考えたい、見た目や容姿にまつわる偏見や先入観について対話します。一般的に…

詳細/購入はこちら