ファッション

“ゾゾスーツ”で測定せずに最適サイズを提供 スタートトゥデイが新機能を導入

 ファッションECモール「ゾゾタウン(ZOZOTOWN)」を運営するスタートトゥデイは、採寸ボディスーツ“ゾゾスーツ(ZOZOSUIT)”での測定をせずにプライベートブランド「ゾゾ」の一部アイテムを購入できる機能を7日に導入した。

 “ゾゾスーツ”でこれまでに測定した数十万件の体型データと年齢、性別のデータに基づき、独自の体型推測アルゴリズムを導き出した。日本人の8割に当たる標準体型であれば、90%の確率で各部位の測定計測誤差を3cm未満に抑えることができるという。

 適用対象となるアイテムは、メンズとウィメンズのTシャツとデニム、パンツで各6型。“ゾゾスーツ”を未入手の購入者には、商品に“ゾゾスーツ”を同梱する。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

表と裏の古着市場 米リセールECと日本の“川上”を徹底調査

「WWDJAPAN」1月17日号の特集は「表と裏の古着市場」です。中古品市場はのみの市や古着店、リサイクルショップなどの実店舗を中心に昔からあるビジネスですが、時代に合わせて大きく変化しています。特に米国の若者はサステナビリティへの関心も高く、節約やおしゃれのためだけでなく、環境保護の観点から古着を選ぶ人も多いそうです。

詳細/購入はこちら