ファッション

“ゾゾスーツ”で測定せずに最適サイズを提供 スタートトゥデイが新機能を導入

 ファッションECモール「ゾゾタウン(ZOZOTOWN)」を運営するスタートトゥデイは、採寸ボディスーツ“ゾゾスーツ(ZOZOSUIT)”での測定をせずにプライベートブランド「ゾゾ」の一部アイテムを購入できる機能を7日に導入した。

 “ゾゾスーツ”でこれまでに測定した数十万件の体型データと年齢、性別のデータに基づき、独自の体型推測アルゴリズムを導き出した。日本人の8割に当たる標準体型であれば、90%の確率で各部位の測定計測誤差を3cm未満に抑えることができるという。

 適用対象となるアイテムは、メンズとウィメンズのTシャツとデニム、パンツで各6型。“ゾゾスーツ”を未入手の購入者には、商品に“ゾゾスーツ”を同梱する。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

業界に贈るZ世代の声 ファッション系サークル所属の 大学生がサステナブルを語る

「WWDJAPAN」9月20日号は、ファッション系のサークルに所属する大学生とタッグを組んで、Z世代のファッションやサステナビリティに関する意識に迫りました。青山学院大学、慶應義塾大学、上智大学、早稲田大学から生まれた団体の活動内容や業界への思い、お気に入りのアイテムなどを紹介します。ファッションが好きだからこそ洋服の大量廃棄問題や環境への負荷について、学生目線で「できることはないか」と考える学生…

詳細/購入はこちら