ファッション

「プーマ」が“スウェード”50周年記念で「カール・ラガーフェルド」とコラボ 限定ファッションアイテムも

 「プーマ(PUMA)」の“スウェード(SUEDE)”50周年記念コラボレーションの最後を飾るのは「カール・ラガーフェルド(KARL LAGERFELD)」だ。10月18日からカール・ドットコム(KARL.COM)とプーマ・ドットコム(PUMA.COM)で先行発売され、翌19日から「カール・ラガーフェルド」「プーマ」などの店舗で世界一斉販売する。このカプセルコレクションは当初スニーカーのみだったが、最終的にメンズ、ウィメンズ、ユニセックス・ウエア含む13点のアイテムがそろった。

 メンズのアイテムはスリムなフード付きジャケットにスエットパンツやロゴTシャツ、ウィメンズには、「プーマ」の T7 トラックスーツをベースにしたクロップドTシャツやジャンプスーツなどがある。スニーカーはユニセックスで使用でき、ラガーフェルド本人のファッションに着想したタキシードジャケットやハイカラーやタイ、サングラスなどがデザインされ遊び心いっぱいだ。他にも“ Karl Lagerfeld x Puma”のロゴが入ったバックパックやショルダーバッグ、ベースボールキャップなどをそろえる。価格は40~175ユーロ(約5120~2万2400円)。
 
 「プーマ」はブランドのアイコニック製品である“スウェード”の発売50周年を記念し、さまざまなコラボレーションアイテムを発表してきた。その相手にはファッションブランド「スタンプド(STAMPD)」「MCM」、フェラーリ(FERRARI)のレーシングチームや、香港を拠点に活動するアーティストのマイケル・ラウ(Michael Lau)と幅広い。
 
 「カール・ラガーフェルド」は最近、モデルのカイア・ガーバー(Kaia Gerber)とのコラボアイテムを発表したばかり。次は仏高級カトラリーブランド「クリストフル(CHRISTOFLE)」とのコラボレーションが予定されている。

最新号紹介

WWD JAPAN

デジタルコマース特集2020 コロナで変わったもの/残すべきもの

「WWDジャパン」10月26日号は、デジタルコマース特集です。コロナ禍でデジタルシフトが加速し、多くの企業やブランドがさまざまなデジタル施策に注力していますが、帰るべきものと残すべきものの選別など、課題が多いのが現状です。今年はそんな各社の課題解決の糸口を探りました。巻頭では、デジタルストアをオープンしたことで話題の「シロ(SHIRO)」の福永敬弘=専務取締役やメディアECの先駆け的存在「北欧、暮…

詳細/購入はこちら