ビジネス

コーセーがハイプレステージブランド好調で上期売上高75億円増の上方修正

 コーセーは、2018年4~9月期の連結業績予想を上方修正した。修正後は売上高が1620億円(修正前は1545億円)、営業利益が310億円(同250億円)、経常利益が322億円(同253億円)、純利益が226億円(同146億円)と売上高、利益とも過去最高を見込む。グローバルブランドに育成中の「コスメデコルテ(DECORTE)」や「アルビオン(ALBION)」などハイプレステージブランドを中心に国内販売が好調に推移し、韓国や中国などアジア地域でも好調な業績が継続している。

 19年3月期については、伸長する子会社の米タルト社において北米市場が落ち着き始めている状況などを鑑み、売上高は3250億円(修正前は3230億円)、営業利益が560億円(同520億円)、経常利益が574億円(同524億円)純利益が383億円(同323億円)を予想する。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

30代富裕層のホンネに迫る 求める商品&サービスから価値観まで

「WWDJAPAN」1月24日号は、誰もが知りたい「富裕層特集」です。コロナ禍で日本の富裕層市場はバブル期を迎えています。海外渡航の制限により、富裕層は国内でショッピングを楽しんでおり、宝飾や時計、車などの高額品の売れ行きが絶好調。また、若年層や女性の富裕層が増えており、市場の勢いはますます増しています。

詳細/購入はこちら