ファッション

北陸発のファクトリーブランド「ティモーネ」が海外進出

 石川県のテキスタイルメーカー、カジナイロンが2016年にスタートしたメンズのファクトリーブランド「ティモーネ(TIMONE)」が6月、フィレンツェのメンズ総合展ピッティ・イマージネ・ウオモ(PITTI IMMAGINE UOMO)と、パリの合同展トラノイ(TRANOI)に初出展し、海外市場への一歩を踏み出した。また、2019年春夏からロゴとアイコンを刷新した。

 7月に東京で展示会を開いた同社の担当者は「世界で評価が高い日本のテキスタイルメーカー発のブランドとして、数多くのバイヤーが興味を示し、世界市場における大きな手ごたえを感じた。現地で会った日本人のバイヤーとも関係が深まった。海外出展は、今後も継続したい」と話した。

 「ティモーネ」はイタリア語で“舵”を意味し、社名と関連させたブランド名で、新しいアイコンは航海を連想させる緯度計や天球儀をイメージした。得意とするナイロン生地は約80%が自社製で、生産は北陸の提携工場が中心だ。

 「ブランドスタートから3年を機に新しいブランドイメージを打ち出し、40代後半から50代が中心の顧客層を30代まで拡大することが目標だ」という。販売先は、高島屋の主要店の他、約30店舗に広がっている。

 カジナイロンは、1934年に繊維機械製造として創業したカジグループ関連企業7社の1社。

 また今秋、ニットを主体としたウィメンズブランドをスタートする予定だ。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

2022年版繊維商社特集 有力企業8社の「今とこれから」を写真と記事で読み解く

「WWDJAPAN」7月4日号は、10年以上に渡って続くロングラン企画の「2022年版 繊維商社特集」です。海外出張と重たいキャリーバック、トラブルシューティングなど体力と精神力が必要で、かつては男性が多かった商社ですが、今では女性も増えています。また、SDGsやサステナビリティなどの社会貢献や働く意義がより問われる中で、会社側の考え方や評価のKPIも徐々に変わりつつあります。

詳細/購入はこちら