ビジネス

13秒に1本のスピードで売れる資生堂の主力美容液が初のリニューアル

 資生堂は6月1日、世界88の国と地域で展開するブランド「SHISEIDO」を象徴する美容液「アルティミューン パワライジング コンセントレート(以下、アルティミューン)」を2014年の誕生以来、初のリニューアルを行う。国内では全国のデパートを中心とした約300店と資生堂の総合美容サイト「ワタシプラス(watashi+)」で発売し、世界各国では順次展開する。

 「アルティミューン」は、2014年9月、魚谷雅彦・資生堂社長によるマーケティング改革第1弾として、「資生堂」という名をブランド名に冠した唯一のブランド「SHISEIDO」の革新の象徴として発売された。肌本来の美しさを引き出す美容液として支持され、人種や年齢、肌質、性別を問わず支持され、売り上げが好調。世界で13秒に1本のスピードで売れている(17年1~12月のメーカー出荷本数)他、132のビューティーアワードを受賞している(17年12月時点の全世界における受賞総数)。

 同社では「アルティミューン」リニューアルを前に実施した「環境とスキンケア」に関する調査(有効回答1000人)の結果、「環境の悪化やストレスの増加を日々感じる」という回答が70%、「トラブルの発生を未然に防ぐスキンケアを求める」という回答は81%に上った。こうした意識を捉え、今回、過酷な環境下でも「インナースキンディフェンス」を育む重要な鍵を解明。自然界の生命力を封じ込めたイミューンジェネレーションテクノロジーを新たに採用し、自ら揺るぎない美しさが満ち溢れる肌へ導く。さらに、滑らかさが持続する感触に進化。好評のグリーンフローラルの香りは踏襲し、「アルティミューン パワライジングコンセントレート N」として生まれ変わる。

最新号紹介

WWD JAPAN

デジタルコマース特集2020 コロナで変わったもの/残すべきもの

「WWDジャパン」10月26日号は、デジタルコマース特集です。コロナ禍でデジタルシフトが加速し、多くの企業やブランドがさまざまなデジタル施策に注力していますが、帰るべきものと残すべきものの選別など、課題が多いのが現状です。今年はそんな各社の課題解決の糸口を探りました。巻頭では、デジタルストアをオープンしたことで話題の「シロ(SHIRO)」の福永敬弘=専務取締役やメディアECの先駆け的存在「北欧、暮…

詳細/購入はこちら