ニュース

“ビッグマック”が「UT」「G-SHOCK」「ニューエラ」とコラボ マクドナルド極秘研究施設「スタジオM」でお披露目

 日本マクドナルド(McDonald’s)は“ビッグマック”の誕生50周年を記念し、「UT」「G-SHOCK」「ニューエラ(NEW ERA)」の各ブランドと“ビッグマック”をテーマにしたコラボレーショングッズを各1000個限定で発売する。「UT」は4月23日に「ユニクロ」の全店舗とオンラインストアで、「G-SHOCK」「ニューエラ」は4月14日の12時から「楽天市場」で販売する。

 「UT」では、クーポン機能デザインのTシャツ「“ビッグマック”50周年記念クーポンTシャツ」を用意。4デザイン6バリエーションをラインアップし、価格は各1500円。4月23日~6月5日の期間、同シャツを着用して全国のマクドナルド店舗に行くと、何度でも通常690円の“ビッグマック”Mセットが590円と特別価格になる。「G-SHOCK」では、文字盤に“BIG MAC”が浮かび上がる仕様でケースとバンド部分にも“ビッグマック”柄をデザイン。価格は1万4900円。「ニューエラ」では、定番のフラットバイザータイプとコラボ。フロントにマクドナルドのロゴ、右サイドに“ビッグマック”のモチーフを施している。価格は5900円。

 3ブランドとのコラボについて、日本マクドナルド広報担当者は、「“ビッグマック”は世界中で愛されているメニュー。そこで、時計、帽子、服飾で世界を代表する3ブランドとコラボレーションした。今回いずれも初の試みとなるが、食というジャンルを超えて“ビッグマック”という存在を感じていただきたい」と話した。

 また、キャンペーンの一環として通常の“ビッグマック”に、ベーコンが加わった「ビッグマック ベーコン」とベーコンとトマトが加わった「ビッグマック BLT」を4月18日から5月上旬まで期間限定で販売する。さらに、マックフライポテトMサイズの1.7倍ある「グランドフライ」、コカ・コーラMサイズの2倍の量の「グランドコーク」も同期間に販売する。

 発売に先駆けて4月11日に、住所非公開のマクドナルド総合研究施設「スタジオM」で発表会を開催した。同キャンペーンの新CMに登場する俳優の渡部篤郎と、ゲストに歌手でタレントの高橋みなみを迎え、トークセッションを行った。5月に50歳を迎える渡部は“ビッグマック”との出合いに関して、「鮮明に覚えているのは小学校3年生の運動会の時に母がマクドナルドを買ってきてくれたこと。今みたいにポピュラーでなく、憧れの存在であったのでとてもうれしかった」と振り返った。渡部は週3でマクドナルドに通うほどの“マックラバー”とも明かし、「朝マックから、ランチの後にはチョコレートサンデーを食べるなど、本当に一緒に育ってきた。“ビッグマック”の変わらない味はリスペクトしている」と話し、“ビッグマック”を「ハンバーガーの王様」と称した。高橋は、「芯が一本通っている“ビッグマック”とは同志だと思う」と話し、マクドナルドマスコットのドナルドは、「“ビッグマック”も世界のリーダーから総監督になるかもね」としゃべって会場の笑いを誘った。