ファッション

スタートアップシューズブランド「オールバーズ」がカナダ市場へ進出

 サンフランシスコに拠点を置くスタートアップのシューズブランド「オールバーズ(ALLBIRDS)」はカナダ向けにウェブサイトを立ち上げた。

 ウェブサイトについてジョーイ・ツァイリンガー(Joey Zeillinger)=オールバーズ共同創業者は、「3クリックで購入できる。カナダの消費者には素晴らしいサービスと迅速な発送に期待してもらいたい」と語った。また、トロントやバンクーバーにあるノードストロム(NORDSTROM)でポップアップも行い、カナダ限定アイテムや同店限定の5型を販売する。

 カナダへの旗艦店出店については明言を避けたものの、リアル店舗立ち上げの可能性を示唆し、出店場所はバンクーバーの可能性が高いことを明かした。

 また、「地域ごとにブランディングを行っていく」と話すツァイリンガー共同創業者は、「イギリスとアジア圏には商機がある。きちんと仕組み作りができるまでこれらの地域への発送は行わないが、将来的にはカバーしたい地域だ」と次の目標を語った。

 オールバーズは、ツァイリンガーと元ニュージーランド代表のサッカー選手ティム・ブラウン(Tim Brown)が2016年にサンフランシスコを拠点として立ち上げた、注目のサステイナブル・シューズブランド。ロゴを目立たせず、ミニマルなデザインにこだわったスニーカーは、メリノウールやユーカリのパルプから作った素材を主に使用し、サステイナブルなモノ作りに取り組む。価格はメンズ・ウィメンズ共に95ドル(約1万円)、キッズが55ドル(約5800円)。米サンフランシスコとニューヨークに路面店を持ち、アトランタ、ニューヨーク、サンフランシスコおよびニュージーランドがコアマーケット。今後は開発したサステイナブル素材をスニーカー以外に転用することも検討しているという。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

ファッションで明るい世界を描こう 2022年春夏メンズ&21-22年秋冬オートクチュール特集

「WWDJAPAN」8月2・9日の合併号は、2022年春夏メンズ&2021-22年秋冬オートクチュールコレクション特集です。メンズでは、リアルショーを行った「ジョルジョ アルマーニ(GIORGIO ARMANI)」「ディオール(DIOR)」の現地取材に加え、デジタル発表でインパクトを残した「ルイ・ヴィトン(LOUIS VUITTON)」「プラダ(PRADA)」「バーバリー(BURBERRY)」など…

詳細/購入はこちら