ファッション

ギンザ シックスでアート誌「ヴィジョネア」最新号のフェチな世界の展覧会 ヘルムート・ラングの作品も

 ギンザ シックス(GINZA SIX)6階のアートギャラリー、ザ クラブ(THE CLUB)は4月7日、ニューヨーク生まれのアートマガジン「ヴィジョネア(VISIONAIRE)」との企画展「FETISH」を開催する。5月4日まで。

 「ヴィジョネア」は昨年、写真家スティーブン・クライン(Steven Klein)とともに創刊67号にあたる「FETISH」を発行。「FETISH」は世界限定200部で、フォトグラファーの直筆サイン入りのオリジナル写真10枚を収めた3つの特製フォトボックスの形態で発売された。展覧会では、このテーマをさらに掘り下げ、彼のアジア初公開となるシリーズを中心に、世界的アーティストの作品を展示。ヘルムート・ラング(Helmut Lang)がキャンバスにテープや樹脂、染料を用いた作品や、草間彌生が30点限定で作ったブロンズの靴のほか、ドナルド・ジャッド(Donald Judd)、チャールズ・レドレー(Charles Ledray)、ハインツ・マック(Heinz Mack)らの作品も並ぶ。

 展覧会に際してクラインは、「僕のプロセスは映画のワンシーンを作り上げることと、絵を描くことの狭間にある。醜さと美しさは見る人の目にある。ただきれいな写真を撮るのと、興味深い写真を作り上げることの違いを理解することができれば、人はなんだってやれる」とコメントした。

 「ヴィジョネア」は1991年、ジェームズ・カリアルドス(James Kaliardos)とセシリア・ディーン(Cecilia Dean)、スティーブン・ガン(Stephen Gan)が創刊。ファッションを含むさまざまなジャンルのクリエイターとのコラボレーションを重ね、視覚のみならず聴覚や嗅覚、味覚、触覚さえ刺激する出版物を生み出し続けている。

■THE CLUB × VISIONARIES FETISH
日程:4月7日〜5月4日
時間:11:00〜19:00
場所:THE CLUB
住所:東京都中央区銀座6-10-1

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

スポーツを超えるランニングの魅力 表紙は「なこなこカップル」なごみさん【WWDJAPAN BEAUTY付録:美容・化粧品に強いPR会社リスト2024】

「WWDJAPAN」2月26日号は、“ラン&フィットネス“と題した恒例のスポーツ特集です。今年は改めてランニングにフォーカスし、市場動向から新たなトレンド、スタイリッシュなランナーのスナップを掲載します。コロナ禍以降“熱い“と言われるランニング市場は、本当に熱いのか。大手スポーツメーカーや小売店、レース登録のプラットフォームなどへの取材から考えます。ファッションやコミュニティーなど、スポーツ以外の…

詳細/購入はこちら

CONNECT WITH US モーニングダイジェスト
最新の業界ニュースを毎朝解説

前日のダイジェスト、読むべき業界ニュースを記者が選定し、解説を添えて毎朝お届けします(月曜〜金曜の平日配信、祝日・年末年始を除く)。 記事のアクセスランキングや週刊誌「WWDJAPAN Weekly」最新号も確認できます。

@icloud.com/@me.com/@mac.com 以外のアドレスでご登録ください。 ご登録いただくと弊社のプライバシーポリシーに同意したことになります。

メルマガ会員の登録が完了しました。