ファッション

ギンザ シックスでアート誌「ヴィジョネア」最新号のフェチな世界の展覧会 ヘルムート・ラングの作品も

 ギンザ シックス(GINZA SIX)6階のアートギャラリー、ザ クラブ(THE CLUB)は4月7日、ニューヨーク生まれのアートマガジン「ヴィジョネア(VISIONAIRE)」との企画展「FETISH」を開催する。5月4日まで。

 「ヴィジョネア」は昨年、写真家スティーブン・クライン(Steven Klein)とともに創刊67号にあたる「FETISH」を発行。「FETISH」は世界限定200部で、フォトグラファーの直筆サイン入りのオリジナル写真10枚を収めた3つの特製フォトボックスの形態で発売された。展覧会では、このテーマをさらに掘り下げ、彼のアジア初公開となるシリーズを中心に、世界的アーティストの作品を展示。ヘルムート・ラング(Helmut Lang)がキャンバスにテープや樹脂、染料を用いた作品や、草間彌生が30点限定で作ったブロンズの靴のほか、ドナルド・ジャッド(Donald Judd)、チャールズ・レドレー(Charles Ledray)、ハインツ・マック(Heinz Mack)らの作品も並ぶ。

 展覧会に際してクラインは、「僕のプロセスは映画のワンシーンを作り上げることと、絵を描くことの狭間にある。醜さと美しさは見る人の目にある。ただきれいな写真を撮るのと、興味深い写真を作り上げることの違いを理解することができれば、人はなんだってやれる」とコメントした。

 「ヴィジョネア」は1991年、ジェームズ・カリアルドス(James Kaliardos)とセシリア・ディーン(Cecilia Dean)、スティーブン・ガン(Stephen Gan)が創刊。ファッションを含むさまざまなジャンルのクリエイターとのコラボレーションを重ね、視覚のみならず聴覚や嗅覚、味覚、触覚さえ刺激する出版物を生み出し続けている。

■THE CLUB × VISIONARIES FETISH
日程:4月7日〜5月4日
時間:11:00〜19:00
場所:THE CLUB
住所:東京都中央区銀座6-10-1

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

2022年版繊維商社特集 有力企業8社の「今とこれから」を写真と記事で読み解く

「WWDJAPAN」7月4日号は、10年以上に渡って続くロングラン企画の「2022年版 繊維商社特集」です。海外出張と重たいキャリーバック、トラブルシューティングなど体力と精神力が必要で、かつては男性が多かった商社ですが、今では女性も増えています。また、SDGsやサステナビリティなどの社会貢献や働く意義がより問われる中で、会社側の考え方や評価のKPIも徐々に変わりつつあります。

詳細/購入はこちら