ビジネス

スーツのオンラインSPAが、銀座に在庫もレジも現金もない新店舗

 オンライン発のスーツSPAブランド「ラファブリック(LAFABRIC)」は18日から、サービス名とブランド名を「ファブリック トウキョウ(FABRIC TOKYO)」にリニューアルする。同日には、新たなコンセプトショップとして銀座に路面店「ファブリック トウキョウ 銀座」をオープン。壁に数百種類のファブリックパネルを掲示した“ファブリックウォール”や、レジを置かず、在庫も持たないなど、ブランドコンセプトをより先鋭化した店舗になる。

 森雄一郎・社長は「ファブリックウォールは、検索性に優れるウェブの特性と、視認性の良さから生まれる偶然の出会いや服地の風合いといったリアル店舗ならではの二つの特性をどう融合するか、社内で議論を重ねて練り上げた。初めて導入した丸の内店で非常に好評だったことから、銀座の路面店ではさらにスケールをアップさせている」という。

 「ラファブリック」は2014年に、デザインやサイズを自由にオンライン上で完結できるカスタムオーダーのスーツ事業としてスタート。現在はスーツに加え、ドレスシャツも展開している。新宿マルイや横浜ジョイナスなど5カ所に出店するファッションビルやショッピングセンター内の店舗では、これまでもスーツやシャツの在庫は持たず、会員登録や採寸に特化してきたが、デベロッパーの要請でレジを置き、ネクタイや小物の一部を販売していた。新店舗の「ファブリック トウキョウ」では試着用サンプルを除き、一切在庫を一切持たないため、レジもキャッシュも持たない“スマートオーダーストア”を掲げる。

 また、社名も同日付で、これまでのライフスタイルデザインから同名のファブリック トーキョーに変更。社名とブランド名を一致させ、今年からはショールーミングストアの出店を加速する。「池袋や上野、恵比寿などのターミナル立地の駅ビルやファッションビルを考えている。リアル店舗への集客はウェブからのマーケティングで十分にできるノウハウがあり、すでに既存店では予約がいっぱいで時間が取れなくなりつつある。単にショールーミングストアを増やすだけなら実際には雑居ビルでも可能だが、有力なファッションビルやショッピングセンターを選ぶことで、お客に心地よい空間で、モノ作りへのこだわりをきちんと伝えたい」。

■ファブリック トウキョウ 銀座
オープン日:1月18日
時間:12:00〜21:00
定休日:火曜日
住所:東京都中央区銀座7-5-5 長谷第一ビル 1階

最新号紹介

WWD JAPAN

2020年秋冬に売れたものは何だった? 特選、婦人服、化粧品の商況を取材/付録「WWDビューティ」2月号

「WWDジャパン」2月22日号は、「2020年秋冬に売れたものは何だった?」というテーマで特集を組んでいます。特選(ラグジュアリーブランド)、婦人服、化粧品という注目3市場について、20年8~12月の商況を有力百貨店やファッションビル、ショッピングセンターにそれぞれ聞きました。そこから見えてきたのは、“イエナカ”“高額品”“信頼の定番”“ワクワク”“コラボ”という5つの消費キーワード。ウィズ・コロ…

詳細/購入はこちら