ニュース

「ボノボス」「エバーレーン」に続くか、オンラインSPAモデルの「ラファブリック」が7.4億円の資金調達

 カスタムオーダーのスーツ&シャツブランド「ラファブリック(LAFABRIC)」を手がけるアパレルIT企業ライフスタイルデザイン(東京都、森雄一郎・社長)が、7億4000万円の資金調達を実施した。新規株主となるグロービス・キャピタル・パートナーズと既存投資元のニッセイ・キャピタル、Spiral Ventures Japanへの第三者割当増資に加えて、日本政策金融公庫から借入を行った。

 同社は調達した資金を活用し、「ラファブリック」が採用するD2C(Direct to Consumer)モデルの事業拡大と商品ラインアップの拡充を目指す。D2Cモデルは、オンラインSPAとも呼ばれる新興ビジネスモデル。自社で企画した商品をECを中心に自社チャネルのみで販売するもので、他社を介さないことで低価格の商品を直接顧客に届けることができるというもの。アメリカの「ボノボス(BONOBOS)」や「エバーレーン(EVERLANE)」などが先行して採用したこともあり、アパレル・IT業界の最新トレンドとして注目を集めるビジネスだ。国内では、国内工場と直接取引した商品をオンラインで販売するファクトリエなどが知られる。「ラファブリック」も現在、自社ECと渋谷の直営店、横浜ジョイナス店など5つの実店舗のみで販売を行っている。

 ライフスタイルデザインはこれまで、4回の資金調達を実施し、合わせて12億円超の資金を調達した。