ビジネス

ニセモノにご用心!! 「カナダグース」が注意喚起声明

 「カナダグース(CANADA GOOSE)」の北米大陸のスポークスマンが、ブランドのホームページをチェックし、特にeコマースサイトが正規代理店かどうかを見極めた上で購入してほしいとの声明を発表した。ブランドによると、「カナダグースのHPは、ECサイトが正規代理店か否かを教えるURLサーチツールを搭載。商品が確認できれば、腕のロゴパッチをチェックしてほしいとしている。偽物はスペルが違ったり、貼り付け方がおろそかだったりが多い。日本のHPにも、正規代理店を伝えるストアロケーターが搭載されている。

 また、フードのファーも見極めのポイントという。ブランドは、「本物のファーはボリュームたっぷりで贅沢に見える。厳しい環境から顔を守るための機能でもある」とコメント。これに対し偽物は、ファーの毛量が不十分だったり、ねじれていたり、時には汚れていたりするようだ。ファーはコヨーテを用いているが、偽物にはゴワつきがちなラクーンも多い。ラベルのホログラムもチェックポイントだ。

 競合の「モンクレール(MONCLER)」はすでにブランドを保護するための専用部署を設けており、消費者に偽物の存在を伝えるホームページなどを手掛けている。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

2021年秋冬新色特集 目指すのは“自己肯定感”を育むメイク

「WWDJAPAN」7月26日号は「2021年秋冬の新色特集」です。従来のジェンダー規範にとらわれないトレンドはあったものの、ここ数シーズンはさらに自然体で、性別という区別を超えた「個性を生かした自分らしさ」を表現するビューティが支持を集めています。美容ジャーナリストの加藤智一さん監修のもと、より複雑化していく性属性や個性に対するブランドの取り組み、人気ブランドの「推しコスメ」を紹介します。

詳細/購入はこちら