ビジネス

カナダグースが上場

 カナダグース ホールディングス(CANADA GOOSE HOLDINGS)は今年末までに、ニューヨークとトロントの株式市場に上場する予定だ。

 同社は先週、上場計画を発表した。その目論見書によると、銘柄記号「GOOS」の元、1株につき1票、1株につき10票発行する2種類の株式を上場する。また、同社の2016年3月期決算は売上高が2億9080万ドル(約325億円)、純利益は2650万ドル(約29億円)だったと発表した。また、16年12月付で36カ国・2500の卸先を構えていたという。

 米投資会社のベイン キャピタル(BAIN CAPITAL)は13年12月に同社の株式の持分を買収した。上場後、ベイン キャピタルはコントロール権を保有し続ける。また、同社の発行済総株式数の約10%が上場を通して売り出される。

 カナダグースは900〜1500ドル(約10万〜16万円)のパーカやダウンが知られている。1957年にカナダ・トロントにある倉庫で設立された。

【関連記事】
■トウキョウベースが本日、東証一部上場
■バロックジャパンリミテッド東証上場初日の終値は1710円 時価総額は607億円に

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

テーラード一強に変化 2023年春夏のメンズトレンドを徹底分析

「WWDJAPAN」8月8・15日合併号は、2023年春夏メンズ・コレクション第2弾として、パリやミラノなどのコレクション取材から見出したトレンドを一挙紹介します。今シーズンはメンズの一大トレンドだったテーラードの勢いが分散され、変化の兆しが見えました。

詳細/購入はこちら